未来編第三章月の採点報酬に挑戦

これも結構前の話になりますが、第三章月の採点報酬(ネコカン)回収。4,000点を目指しました。

これで未来編第三章は一区切り。
一章二章でネコカンを回収し損ねていたステージも済んだので、レジェンドに取り掛かかっています。
『海を汚す悪しきもの』「ベンゼン畑」で苦戦中です。さてどうしようか…

■目次
考察
手順
編成と結果

スポンサーリンク

■考察

クリア記事の時点で気になっていたのが、

射程に余裕のある狂乱ムートやウルルンが、しっかり壁3枚で防いでいても敵ムートに殴られる

ということ。

敵ムートが城より後ろに下がらないことが原因と思われます。

敵ムートは結構な頻度でKBし(10万強ごとに1回、合計10回)、KB中の敵はいないものとみなされるため、味方キャラは前進します。

したがって、敵城に追い詰めて戦っていると、

敵ムートKB
※城より後ろに下がらないので、着地点はそのまま
→敵ムートKB中味方は前進
→ムートやウルルンが敵ムートに近づく
→敵ムートに殴られる

という仕組みのようです。
ぶんぶん(西表島)のときもあったような。こんなこと。

敵ムートと狂乱ムートウルルンは射程差100以上あるので前進するとはいえ大丈夫だろうと思ってましたが、どうにも殴られます。

しょうがないので、敵城ギリギリで戦わないために序盤の生産は最低限、ムートウルルンの出撃は遅らせ、敵ムートにステージ中央くらいまで来てもらうことにしました。

目次にもどる

■手順

具体的には

①ゴムを出しつつムキ足、美脚を生産
②セレブが出てきたくらいで狂カベ&ゴムの2枚壁に
③敵がセレブだけになるくらいで生産をやめる

セレブを壁1枚で抑えるのは無理なので、セレブ出現後は壁2枚に増やします。

③の段階であれば味方の壁がなくなる前にセレブ2体とも倒せます。
そして生産ストップ。ムキ足4,5体と狂美脚と壁で敵ムートを呼び出しに行きます。

①の段階から働きネコのレベルを適宜上げておきます。敵ムート出現時に所持金10,000円はあるように調整。

④敵ムート出現と同時にキャラ生産再開。壁3枚出したあとにムートウルルン出撃
いきなりムートウルルンを出すと前ががら空きですぐ殴られるので、壁を出してから出撃。
ムキ足たちを突破してステージ中央くらいまで敵ムートが来てくれます。KBさせ放題です。

⑤全力生産
ムートウルルンを守ることを最優先に考えつつ、攻撃役をどんどん出していきます。
あとはいかに早く敵ムートを突破するかの問題。

ちなみに④の生産再開タイミングはもう少しだけ遅い方が安全です
上記タイミングだとKB7,8回目くらいで敵ムートが限界まで下がるので、前述の「味方だけ前進して距離が詰まる」現象が起きます。
1,2回の前進ならムートウルルンは安全ですが、他のキャラはばっちり殴られますので…

目次にもどる

■編成と結果

以上の方針でやりました。編成は、まずは

これで。まずは、というのは、

この編成だとダメだったからです。15回くらいやったところで諦めました。
ムートウルルンを守りきって予定通りに事が運んでも、なかなか4000点が遠い…

お金は十分足りているため、単純な火力不足による敵ムート突破の遅れが原因と思われます。

かといって無課金キャラ(基本キャラや狂乱キャラなど、ガチャ関係なしに入手可能なキャラ)の編成で、敵ムート相手にこれ以上の火力は望めそうもない。
高火力、範囲攻撃、長射程といえばもう超激レアを動員するしかありませんでした。

浮いてる敵に超ダメージのウィンディとメカ子を採用。
メカ子は過度なふっとばし防止のため進化前を使用します。

前の編成は10,000円あれば大型キャラを一気に生産できましたが、今回は最大でも足りません。
アイテムなしだと最大までもっていくのも難しいので、ネコボンを使いました。

こうして

ネコカンゲット。
結構余裕があったので超ダメージ能力のウィンディを変更。メカ子もついでに変更。

全然出番のないオーディンを使ってみました。安全に射程400以上欲しかったので、もう一方はかむくらに。
先ほどと同じくネコボンを使って、

ちょうどいい感じに4000点を超えました。

前述の方針で臨み、超激レアを2体動員し、ネコボンを使っての達成です。
超激レアを使わざるを得なかったのは残念だけど、やむを得ないかな…

6000点?とかにトレジャーレーダーがあったはずですが、どうやったらいけるのでしょう…
とりあえず超激レアの数を増やせばいいのかな。

目次にもどる
【最終更新】20180209
改行、リンク修正。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。