『開眼のマダム・ザ・花嫁襲来!』に挑戦

第1形態は「恋の季節(めっぽう強い効果アップ【中】)」の、第2形態は「獅子王(めっぽう強い効果アップ【小】)」と「3匹の王(キャラクター体力アップ【小】)」のコンボに含まれ、めっぽう強い系キャラを強化する黄金コンボの立役者となっている6月キャラ。
第3進化により単体の性能も向上し、壁役としてそれなりの強さになります。

以下、実装当初にメインデータで挑戦した記録(2016年6月)とサブデータで挑戦した記録(2018年)です。
どちらも攻略方針は大差ないと思いますが、サブデータの方がより弱い戦力でクリアしています。


スポンサーリンク

■目次

メインデータの攻略記録
サブデータの攻略記録


■メインデータの攻略記録

今朝挑戦しましたが、まだ第3形態を入手していません(後述)。

特徴※超激ムズ
初めゴリラが何体か。城を叩くとマダム・ザ・サバンナが出現
→取り巻きその①黒ゴリ&黒わんこ軍団
→取り巻きその②イノシシ(1体ずつ計2体)
→取り巻きその③ラクダ

編成

レベル:基本キャラ20+50程度?

正直適当ですが…
激ムズの時点で狂天空が射程負けすることを確認したので、その枠を聖ヴァルに変えました。
でも狂天空はいた方がいいです。黒ゴリ軍団とイノシシがつらい。

一応この編成でも勝てますが、ちょっと押されました。ウルルンムートがやられて焦りました。

戦術
①貯金
ゴリラはそんなに強くないので、ゴムだけで止めれます。あと狂美脚あたりを出しといて適当にあしらうと良いかと。

自分はさっさとウルルンムートを出して攻め上がったのですが、ボス戦の取り巻きが結構重くて苦戦しました。
きちんと態勢整えてから攻め上がった方が安定すると思います。

②イノシシ2体目突破まで頑張る
狂天空がいれば楽だったなあ…と思います。敵の数が割と多いので、単体攻撃だと効率が悪く押されます。
イノシシ2体目撃破までは資金源豊富なため、全力生産でも金欠にはならないと思います。

③位置を調整
イノシシ2体目突破後はラクダとサバンナが相手になりますが、他にこれといった敵がいないため、適当に出していると資金が不足します。
特にラクダの射程が長いため味方を一掃されやすく、かといってサバンナが前にいるのでラクダを攻撃できない。そしてお金がなくなる。

味方キャラをラクダの射程から外してサバンナを攻撃するため、ラクダの射程内に入ってるようであれば一旦生産を抑え、サバンナに前進してもらうとよいです。

余談
まだクリアしてません
攻略の記録はしていますが、まだクリアしてません。サバンナ・ラクダまで撃破して敵城残り僅かまで削り、勝てることを確認したら戦闘離脱しました。
というのも、今日の夕方に超メタルカバちゃんステージがあることを知ったので、

超メタルカバちゃんクリア
→開眼花嫁クリア、統率力回復
→もう1回超メタルカバちゃんクリア

ってやれば1度の開催時間に2回にゃんチケ獲得できてお得だなー、と思いまして。

しかし、いざ夕方ににゃんこを起動してみると、開眼ステージがない
昼までの限定開催でした。ミスった…

不用意に欲張った結果です。ちょっと後悔。
明日も昼までらしいので、変に欲張らずさっさとクリアしようと思います。

マダム・ザ・サバンナについて
能力データは確認済みです。
生き残り能力もですが、体力がかなり多いですね。3万弱とは…(※ゴムは+50で2万ちょい)
生産性があまり高くないためどうなのかわかりませんが、体力多くかつ生き残り能力つきの壁役は結構活躍してくれるかもしれません。

―――――追記2016-06-19―――――
基本キャラだと+レベルの大小で差が大きそうだなーと思い、

これでもやってみました。壁役以外はLv.30のはず(壁役はLv.20)。

一応勝てます。狂カベのみだと最初のゴリラを抑えきれず、かといって狂美脚を出すとあっさり倒して攻め上がってしまい、少々貯金がしづらいです。最大まではもっていけない。
そのため序盤は苦戦するかもですが、狂勇者と狂クジラのおかげで対イノシシにはかなり余裕を持てました。

目次にもどる

■サブデータの攻略記録

狂乱ステージを一通りクリアしたので、同じく難易度「超激ムズ」である月イベントの開眼ステージへ挑戦。
5月は一度ボコられてそのまま放置してしまっていましたが、6月はきちんとクリア。

編成

レベル:基本キャラ20+10、他20。
お宝:未来編第一章まで

対黒や対イノシャシを想定して狂UFO&狂勇者&狂クジラ。
ジャラミは主にこぶへい戦を想定して起用。

戦術
①攻め上がり
まず真っ先にムートを生産。

白ゴリを最低でも1体残した状態にして、戦線が上がるのを遅らせます。

あとはほどほどに働きネコへ回し、敵城到達に合わせて3枚壁・狂UFO・狂美脚・狂ドラゴンを生産。
この段階で狂勇者・狂クジラ・ジャラミは生産しなくていいと思います。

②対黒→対イノシャシ

まずは狂UFO軸で黒い敵たちを迎撃。

黒い敵の迎撃が落ち着いてきた頃に狂勇者と狂クジラも生産を始めます。余裕があればジャラミも。
イノシャシが来るころには対赤キャラが戦線へ合流できているようにしたいです。

イノシャシ1体目を倒して2体目が来るまでの間は、対イノシャシの3種や狂UFOの生産をストップ(特に狂勇者と狂UFO)。
無駄にサバンナにやられるだけなので。

③対サバンナ&こぶへい

↑のスクショのときは負けました。
②で必要なキャラの合流が遅れ、大幅に押されてしまっていたのが原因。サバンナとこぶへいだけの局面になっても結構押されるんですよね…
あとスクショを撮ったせいで壁の生産が遅れたことも敗因ですね。

基本的にはサバンナに射程勝ちしているキャラ(狂美脚と狂ドラゴン)を連打しつつ、余裕があれば狂クジラやジャラミも生産。
ゴマさまをスムーズに倒すため、狂クジラは有効活用したいです。

この編成だとサバンナへ攻撃できるキャラが少ないせいか、サバンナを倒すのがかなり遅くなります。

そうこうしているうちに、狂美脚の波動でこぶへいを先に撃破。

こうして、サブデータでは初の月イベントキャラ開眼を達成しました。
当分は基本キャラ20+10&狂乱20の状態を維持していると思うので、7月も同様の条件で挑めるかな…

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。