『開眼の吾輩は鬼である襲来!』に挑戦

※実装当初のメインデータでの攻略記録と、2019年のサブデータの攻略記録です。
メインデータの攻略記録の記述を残しつつ、サブデータの攻略記録を入れ込んでいます

第3進化によりコストが大幅ダウン。
赤い敵を止める確率も倍となり、イノシャシや一角くんに対しての妨害役として候補になります。


スポンサーリンク

■目次

激ムズ
超激ムズ(メインデータ)
超激ムズ(サブデータ)


■激ムズ

激ムズの時点ですぐに、敵がえぐい能力であるとわかります。
100%停止&超長射程(狂ムート以上)。

火力は全然ないのでこいつ単体ならそのうち倒せます。
しかしこちらの停止中に他の敵に好き放題されてしまうのが割とツラい。

こちらの停止中に突っ込んでくる黒カンガルーが少々厄介でしたが、足の速い壁役がいれば、開眼紳士の射程外にいる壁がすかさず間に入り込んでくれるので、ムートウルルンもなんとかやられずに済みます。

こんな感じの編成で挑み、クリア。

幸運なことに、激ムズクリア1回目の時点で第3進化形態を獲得できました。
でもまあだからといって超激ムズに挑戦しないわけがありません。

目次にもどる

■超激ムズ(メインデータ)

止められる前に殴れるよう、足が速いキャラを多めに投入しました。
そして挑戦してみたところ、超激ムズの特徴は

・初めは黒わんこのみ。上限あり(何体出てくるか数えてませんでした)
・城を少し削ると黒わんこ天使わんこ軍団と黒ゾウ、開眼紳士出現
・黒ゾウは2体、黒わんこが定期的に無限湧き

大体こんな感じ。
黒わんこが結構強いので油断はできませんが、初めに貯金することは可能。

黒ゾウを倒せば開眼紳士を守るキャラはたまに出てくる黒わんこのみ。容易に突破できます。
その黒ゾウを倒すのが大変ですが…自分の編成だとウルルンしか黒ゾウを安定して殴れる射程のキャラがいなかったので。

しかもそのウルルンでさえ開眼紳士の停止攻撃を受けますし。
初めは壁以外に狂美脚キンドラウルルンだけしか出していませんでしたが、黒ゾウを効率よく倒したいのとお金が余ったのとがあり、狂キリンライオン聖ヴァル覚醒ムートもちょくちょく出撃。

敵の突破力はそう高くないので、粘り強くやっていれば問題なく勝てます。

目次にもどる

■超激ムズ(サブデータ)

メインデータの記録では「初めに貯金することは可能」とか、「敵の突破力はそう高くない」とかほざいていますが、くそむずかったです。

多分メインは基本キャラが+30とかあったのでしょう。それならゴムが黒わんこと黒象の攻撃を耐えます。
サブは奴らの攻撃を耐える壁役がおらず、敵の侵攻を全く抑えられません。

編成


レベル:基本キャラ20+10、ほか20。
コンボ:モヒカン愛好家(ふっとばす効果アップ【小】)

壁の質が足りない分、数を確保。
とにかく黒象を倒すところまでこぎつけるべく、紳士への攻撃役はかなり絞りました(狂ボッチとコニャ)。

戦術
①序盤、攻め上がり
黒わんこを全然抑えられないので、当然序盤に貯金する余裕もなかったです。
モヒカン&狂ビルで黒わんこを防ぎつつ、ウルルンを最優先で生産します。

その後は壁を調整、大型キャラを優先しつつ、働きネコレベルを上げておきます。
4枚壁を連打しながら他のキャラを出すお金が貯められるよう、働きネコレベルも5くらいまでは上げておきたい。

②ボス戦、がんばる
とにかく4枚壁を連打し、粘り切れることを祈ります。

Wわんこがいるときに、狂美脚や狂ドラゴンも出して対抗します。
数が溜まってしまってまずいと思ったら、狂ボッチの生産も視野に入れておきます。

天わんこが出なくなり、黒象1体目が倒れるくらいまでが勝負。
そこまでが長いですが、ここまでくればあとはなんとかなると思います。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。