天城龍バベルってどうなんだろう?

伝説レアの実装ペースが早いですね。
まあ各ガチャシリーズ1つにつき1体と考えれば、ガチャが切り替わる毎に実装されるのは分かりますが…

毎度の如く、DBに掲載されている値をもとに、性能評価について妄想してみます。
ところで、キャラ名の「天城龍/廃城龍」は何と読めばいいのでしょう?普通に音読みですか?


まず、ステータスは以下↓

※Lv.30 バベル ガメレオン
体力(KB) 25万5000(2) 24万6500(3)
攻撃力 8万5000 3万8250
攻撃頻度 12.00s 6.33s
DPS 7,083 5,766
射程 390 380
移動(/2F) 8 5
再生産 158.20s 164.87s
コスト 6,750円 4,875円
特性 対赤・浮き 超打たれ強い
遅くする・止める無効
対黒・天使 打たれ強い
攻撃力低下無効

パッと見でガメレオンを想起しましたが、いざ並べてみると、改めて似てますね。
いずれも20万半ばという超体力で打たれ強い+無効特性を持つ大型キャラ。攻撃力はバベルが大きく上回り、代わりに攻撃頻度もバベルがかなり長め。バベルはコストもかなり高いですね。

打たれ強いの対象及び無効とする能力が違うので、活躍の場面は全く異なります。

ガメレオンは周知のとおり、攻撃低下&対天使打たれ強い能力により、天使ブッタに対して非常に相性が良いです。
もちろん他の対象特性キャラに対しても、無類の生き残り性能を誇ります。
大抵の長射程キャラはタッチャンに狩られてしまうのですが、かなり耐えてくれるのも心強い。

一方バベルの対象特性は赤と浮き。こちらもメジャーですね。
赤や浮きで遠方攻撃により味方長射程を壊滅させてくる…というタッチャンのような敵は見当たりませんが、生き残り性能の高い長射程キャラは頼りになります。

赤い敵への耐性と遅くする無効特性により、教授への接近もしやすいです。
移動が遅いけど特性により遅くする妨害を無視できる点は、ディオラムスにも似ていますね。
ここ1年でケロ助&ヒカルが同時に出てくるステージも複数出ているので、両方を無効にできるのは大変ありがたいです。

また、ここまで「打たれ強い」としてしか説明していませんが、「打たれ強い」であることも注目。

超ダメージが最大4倍なのに対して、極ダメージは最大6倍らしいです。
打たれ強いは最大1/5ですが、超打たれ強いは最大何分の1なんでしょうね…?
対象特性に対して、ガメレオン以上の打たれ強さを発揮してくれることは間違いないです。

全体として、

「体力攻撃力ともにガメレオンを更に大型化させ、対象特性を替えたキャラ。
無効特性も異なり、攻撃性能を担保してもらえない代わりに、遅くとも着実な歩みが保証される」

という感じ。一言で収まってませんが、こんな感じです、はい。

速攻性、瞬間火力が求められる昨今に真っ向から挑戦状を叩きつけるタイプですね。良い意味でも悪い意味でもエンペラーズらしい。
安定した(やや長期化する)戦闘展開においてこそエンペラーズの力が発揮されるものと思いますが、かつてのにゃんこらしい感じがして好きですよ、自分は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。