古龍王ガングリオンってどうなんだろう?

このたびエンペラーズガチャに7体目「古龍ガングリオン」が追加されました。
つい先日6体をコンプしたばかりなので、なんとも複雑…

束の間のコンプ状態を打ち崩してきたこの古龍は果たしてどんな性能なのか、DBの数値を見ながら妄想します。

スポンサーリンク

■ステータス確認

※Lv.30 ガングリオン ポセイドラグーン カリファ第3
体力(KB) 6万8000(4) 5万1000(5) 4万3180(5)
攻撃力 5万1000 4万2500 4万2500【3万600】
攻撃発生 2.80s 1.77s 1.33s
攻撃間隔 0.00s 0.00s 0.00s
攻撃頻度 10.03s 7.33s 5.03s
DPS 5,083 5,795 8,444【6,079】
感知射程 300 350 355【325】
有効射程 200~550
移動(/F) 40 27 27
再生産 131.53s 84.87s 64.87s
コスト 5,400円 3,900円 4,125円
特性 対ゾンビ・エイリアン めっぽう強い
ゾンビキラー
対ゾンビ・メタル 100%で100~120F停止
ゾンビキラー
対天使 超ダメージ

※カリファの【】は第2形態の値。

エンペラーズにしてはコストが安く再生産が早め。あくまで「エンペラーズにしては」であり、超激レアとしては並よりやや低い水準くらいの生産性だと思いますが。

ステータスでまず特徴的なのはその移動速度。
超激レアだとセイバー<ガングリオン<ピーチジャスティス。
その他だとウェディングケリ姫やガラスネコと同じ速さです。

攻撃間隔0で移動速度の高い中距離アタッカーということで、ポセイドラグーンやカリファと並べてみました。
ここらへんについては後述。

また遠方攻撃であることも注目すべき特徴。想定する場面によって使い勝手が良くなったり悪くなったり。
攻撃発生が遅いので普通なら「モーション中に戦線が上がる→空振り」のパターンがありますが遠方攻撃でカバーできているのは、どの場面でも共通の利点と言えるはず。

まずは特性の対象となる対ゾンビ、エイリアンの性能について考えてみます。

目次にもどる

■対ゾンビ

移動速度が速いので、ゾンビが潜伏を終えたところにピンポイントでぶつけるプレイングが可能。というのは強み。(攻撃発生が遅いので、超特急や覚醒ムートとは使い勝手が異なるでしょうが)
また攻撃間隔0なので、潜伏したゾンビの攻撃を受けてKB→即反撃、という動きも可能。KBが4回とやや多めなのは利点です。

ただ問題なのは遠方攻撃であること&攻撃発生の遅さ。
内側の射程が200なので、主要ゾンビのほとんどが潜り込めます。
攻撃発生も2.8秒は結構遅いので、攻撃モーション中に潜り込まれかねない。

対ゾンビだけど遠方攻撃&攻撃発生が遅いという点で、どうしてもアイアンウォーズのギガパルドが頭をよぎってしまう…

・1KBあたりの体力の低さ、総KB回数の多さ
・若干ながら攻撃発生が早い
・一撃が重い=敵をKBさせることで接近を阻みやすい
・攻撃間隔0でカウンター攻撃が可能

といったことを考えるとギガパルドよりは幾分マシだろうと思いますが…何故に遠方範囲なのか。

まあ遠方攻撃じゃない普通の長距離アタッカーだとサルカニヘブンと被っちゃうので、そこらへん考慮してるんですかね。

目次にもどる

■対エイリアン

一方対エイリアンで考えると、遠方攻撃はとても便利。
小回りの利くメガロディーテ、みたいな感じでしょうか。

クマンチュー、ハハパオン、巨匠、よっちゃん、ヨキカナら後衛エイリアンに悩まされるステージはよくありますし、活躍の場が広そう。

もちろん射程200未満のエイリアンも結構いるので、そこらへんへの対処は必要だと思いますが。

目次にもどる

■高速アタッカー

速攻要員
対エイリアン・ゾンビの特性は置いといて、高い移動速度と攻撃間隔0を生かした速攻用高速アタッカーとしてはどうでしょう。

代表格は覚醒ムート、真田幸村、超特急ですが、次点でカリファが使われることもなくはないはず。ガングリオンも準速攻要員みたいな立ち位置になれないかな…

カリファとガングリオンとで比較すると、

カリファのメリット
→高DPS
→長射程
→低コスト
→早い再生産

ガングリオンのメリット
→高い移動速度
→遠方攻撃

といったところ。ガングリオンは攻撃発生の遅さが気になりますけど。

前傾表ではポセイドンも並べました。ポセイドンって実はカリファより速いし、他のステータスもDPSでやや劣る以外は第3形態を獲得する前のカリファと遜色ありません。むしろ優位。
でもポセイドンが準速攻要員として使われる場面ってほぼ見ないですね。

ポセイドンより素の射程やDPS、攻撃発生の遅いガングリオンが果たして準速攻要員として使われるのか。自分で提案しておいてなんですが、疑問です。

遠方攻撃という個性があるので、それがどう影響するかですね…
また、とにかく一度攻撃してくれればOKだったり、KBによるカウンターを想定している=攻撃頻度はあまり関係ない、とかいったタイプの速攻ならガングリオンに軍配が上がりそう。

道場用遠方攻撃アタッカー
セイバーより早い遠方攻撃アタッカー、ということでチラッと道場での起用が思い浮かびましたが…単純にセイバーの互換ではないですね。

移動速度はセイバー、射程はダルダーニャ、攻撃頻度はガネーシャに類似。色々混ざっていて、どれと似ても似つかないです。
射程もセイバーにやや近いのでセイバーのようなタイプであると考えると、攻撃頻度が低いのは要注意となりそう。

その他に気を付けたいのは、再生産が遅く出せる数が少ないのはともかくとして、資金繰りに気を遣う道場において5,400円とやや高コストである点。

ちょっと速すぎる&感知射程が短いので、衝撃波を受けたときに颯爽と前に飛び出しそうなのも気になる点です。

目次にもどる

■まとめ

高い移動速度で一撃を喰らわす遠方攻撃アタッカー。

対ゾンビに対しては遠方攻撃と相まって不安要素あり。やや多めのKB、攻撃頻度0によるカウンター、一撃の重さでカバーできるか。

対エイリアンに対しては遠方攻撃により後衛キャラへ強みあり。

高い移動速度を生かした高速アタッカーとしての期待値は必ずしも高くはない。
速攻要員としては、攻撃頻度・攻撃発生の低さが気にならなタイプの速攻なら活躍しそう。
遠方攻撃なので道場でも使ってみたいけど、妄想上では使い勝手の落ちたセイバーみたいな印象。

目次にもどる

■余談(サブにゃんこでガチャ)

前述の通り本データだとNEWがガングリオンだけなので、被りが怖くて回せません。
でもサブにゃんこの方はソドムしか持っていないので、まさか被るはずはないでしょう。

レアキャラや激レアキャラも揃えていきたいですし、せっかくの11連超激確定ですし、積極的に回していきます。

すると

11連を1回しか回していないのに、まさかの超激3体。そしてしっかりソドム被り。
確定枠しか出なくてソドム被りだったら衝撃でしょうが、3体も排出されたなら被りは許容…かな。

その他ですが、

陰陽師(被り) バサミ(被り) 番長(NEW!)
スイマー(NEW!) 僧侶(NEW!) ボクサー(被り)
エステ(NEW!) ジャンパー(被り)

新たに4体が加入。エステがきたのは嬉しい。
どんどん育てて戦力を整えつつ、URを上げていきます。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。