グランドン部隊ってどうなんだろう?

超選抜祭が終わりウルトラセレクションが始まりましたが、常設シリーズの方には何やら新しい激レアの姿が。
このガチャバナー以外全く情報がないので分かりにくいですが、「地底戦隊グランドン」の構成員たちが個別に登場したようです。
「限定」の文字が見えますが、ネコボンやスニャみたいな位置づけでしょうか?超ネコとか極ネコに出てきてくれると嬉しいのですが。

せっかく一挙に激レアが増えたので、DBの情報をもとに妄想してみます。
それにしても、どれが何なのかは辛うじて見た目で分かりますが、性能の識別が難しいですね…


■目次

戦隊ドリラ
戦隊ウチコンガ
戦隊チョキンドス
戦隊ショベリン
戦隊チャッソ
まとめ


■戦隊ドリラ

※Lv.30 パワードリラ
体力(KB) 7,650(3)
攻撃力 6,800(単)
攻撃発生 0.53s
攻撃頻度 6.10s
DPS 1,115
感知射程 460
有効射程 350~650
移動(/2F) 10
再生産 71.53s
コスト 1,200円
特性 対白い敵 100%で90F攻撃力を10%に低下

割合が大きめな攻撃力低下妨害キャラ。
味方の攻撃力低下妨害キャラはおかめを除けば全て50%止まりなので、かなり珍しい部類ですね。
持続時間が3秒と短めであることも特徴的です。

単体攻撃の遠方攻撃ということで癖はありますが、長射程からの安定した妨害はありがたい。
単体攻撃なので数が多いとやりづらいかもですが、超長射程の白い敵(師匠、ナマルケ、ダンサーあたり。ワンチャンこぶへい)から味方を守るのに有効そうな印象。
遠方攻撃を利用して溜めることができれば、単体攻撃のデメリットも多少はカバーできるかな?再生産が1分強なので面倒ですが。

目次にもどる

■戦隊ウチコンガ

※Lv.30 パワーウチコンガ
体力(KB) 11,220(2)
攻撃力 14,854(範)
※4,760+4,912+4,912
攻撃発生 2.23s
攻撃頻度 8.00s
DPS 1,823
感知射程 300
有効射程 -600~300
移動(/2F) 6
再生産 58.2s
コスト 1,500円
特性 対ゾンビ
打たれ強い
100%でふっとばす
ゾンビキラー

チャンピオン/リベンジの強化版みたいな感じでしょうか。
必ずふっとばす3連続攻撃だし、範囲攻撃だし、全方位攻撃だし。

3連続攻撃のリズムはややゆっくりめ。攻撃頻度でチャンピオンに劣っている分を補っています。
後方に出てきたゾンビも、攻撃範囲内に収まっていれば一気に引き戻せそうですね。

全方位攻撃により内側までちゃんと攻撃を当てられるので、カタパルと違いただの壁となってしまわない点も○。
個人的に、グランドン部隊のなかでは1・2を争う有能さなんじゃないかと期待が膨らみます。

目次にもどる

■戦隊チョキンドス

※Lv.30 パワーチョキンドス
体力(KB) 5,100(1)
攻撃力 4,250(範)
攻撃発生 0.03s
攻撃頻度 4.03s
DPS 1,054
射程 170
移動(/2F) 50
再生産 41.53s
コスト 750円
特性 残り体力1%で攻撃力5倍
必ず1度生き残る
攻撃力低下無効
対赤い敵 超ダメージ

超特急の類似キャラ。
ウェディングケリ姫のようなサブ超特急程度…と言いたいところですが、

・射程が少々長い
・生き残り能力により少なくとも2度突撃可能
・赤い敵に対し超火力
・範囲攻撃

と超特急に勝る点がにあります。
750円で赤い敵に2撃約10万(Lv.50なら約16万)の範囲攻撃をぶち込めるのは魅力的ですね。

体力が低いということもあり、狙った相手にきっちり2撃当てるっていうのはなかなか難しい気もしますが…

目次にもどる

■戦隊ショベリン

※Lv.30 パワーショベリン
体力(KB) 22,950(3)
攻撃力 3,060(単)
攻撃発生 2.00s
攻撃頻度 3.47s
DPS 883
射程 350
移動(/2F) 15
再生産 29.2s
コスト 1,500円
特性 メタルのみに攻撃
15%でクリティカル
倒したとき貰えるお金2倍

かなり扱いづらそうな印象。
メタルのみにしか攻撃できないという制約を負うに見合った性能なのか、疑問を隠せません。

それなりな体力と中射程、早めの再生産は○
ただ攻撃力はクリティカル込みでも高いとは言い難いし、単体攻撃。クリティカルの確率も低めだし、攻撃モーションも長い。

倒したときのお金こそ多くなるものの、上記を考えるとそもそも敵を倒せる期待値が低め。
それなのにこいつ自身が1,500円となかなか高値。

どうにも自分には擁護できそうにないので、誰か救ってあげてください…


wikiを見てみると、

メタルにしか攻撃できない
=メタルにしか攻撃が当たらない

ということで、混戦の中での活用が提唱されていました。
他属性敵が混じっていてもメタルをピンポイントで狙い撃ちできるというのは、確かにメリットですね。なるほどなあ…

ただ、混戦想定なら範囲攻撃(ハリケーン)でいいのでは…と思ってしまいます。

特性やステータス的に優位ではあるのですが、やはりクリティカルの期待値がネック。もねこやねねこと同じ確率で攻撃頻度もちょっと高い程度ですから。

活路を見出せそうな場があることは分かったので、あとは実際に使ってみてどうかって感じですね。

目次にもどる

■戦隊チャッソ

※Lv.30 パワーチャッソ
体力(KB) 17,000(1)
攻撃力 1,190(単)
攻撃発生 0.03s
攻撃頻度 0.30s
DPS 3,967
射程 180
移動(/2F) 12
再生産 24.87s
コスト 1,200円
特性 ワープ無効
対エイリアン
超ダメージ
打たれ強い

個人的に、グランドン部隊のなかでウチコンガと1・2を争う有能さのキャラ。
ヒュージハーミットにおける課題を改善してくれたような印象。

ヒュージハーミットについては、対エイリアンの性能が向上する一方生産性の低下したジャラミ、というのが自分の結論でした。
弱くはないのですが、どうもコスパが悪いような使用感。得意分野(対エイリアン)でもジャラミよりちょっと強い程度のキャラを3,700円も使って出すか?っていう。

その点を考えると、チャッソは1,200円とだいぶコスト面が改善。
その分耐久や火力も小型化していますが、超ダメ&打たれ強いの特性でカバーできています。

耐久は劣るけど火力や生産面で上回るジャラミ(対エイリアンに限る)、という感じでしょうか。

目次にもどる

■まとめ

今後の入手機会が不明確ですが、優秀なキャラが多めです。さすが超激レアの構成員。

本記事の記述による自分の第一印象をまとめると、

ドリラ 対白い長射程敵妨害
ウチコンガ 潜伏されても引き戻し得る
対ゾンビ要因
チョキンドス 対赤超超特急
ショベリン メタルを狙い撃ち可能なクリティカル要員
チャッソ 対エイリアンの火力型ジャラミ

という感じ。

あえて個人的な評価順でランク付けするとすれば、

チャッソ≧ウチコンガ≧チョキンドス≧ドリラ>ショベリン

こんな感じ。

今回みたく常設シリーズでの登場だと非常に手を出しづらいので、せめて超ネコ極ネコで排出されるようになることを祈ります…

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。