『超激闘!セイバーオルタ襲来!』に挑戦。ネコセイバーオルタについて。

コラボ開始から5日が経ち、セイバーオルタ襲来のステージが解禁。
朝昼夕夜で2時間ずつのゲリラ開催のようです。

朝は寝ていたので挑戦できず、昼に挑戦。
所詮極ムズですし、超極ムズの真レジェンドをやっている戦力ですからガチャ無しも余裕。
HF第三章公開で再復刻し、☆2☆3が出るとキツそうですが。

むしろ、本記事サムネ用としてスクショを撮る作業の方が大変でした()

まあ色々撮って満足したので、良しとします。


スポンサーリンク

■目次

「影に落ちた騎士王 極ムズ」について
ネコセイバーオルタについて


■「影に落ちた騎士王 極ムズ」について

個人的には、「落ちた」より「堕ちた」の方が雰囲気出せていいと思うんだけどなあ。

序盤はカーバチャンとヤドカリー。
敵城を叩くとセイバーオルタが出現。取り巻きはエイリアン&ゾンビです。
エイリアンはゴマサーマンが2体。
ゾンビはトンシーが3体とにょろろんが6体、そしてゾンビワンが無限湧き。

敵セイバーオルタは敵セイバーと比べると、体力3倍&遠方範囲の射程が伸びています。

さらに注目すべきは、必ず波動を放つこと。エクスカリバーを模したのでしょう。
しかし、出る波動は3つだけ。イメージ的には物足りないですが、攻略的には助かります。

編成例

ゴム20+80 大狂ゴム40 ムキ足20+80 クリーナー40 大狂島40
超特急40 覚ムート40 覚宮木40

ゾンビの復活はさほど気にならないので、ゾンビキラーの優先度は低め。
対処すべきはオルタの波動とゾンビの潜伏。

・波動無効かつオルタの射程から逃れたい→宮木
・潜伏ゾンビに対処したい→クリーナー、大狂島、超特急

といういたって基本的な対策。

2枠空けているので、アイドル志望(キャラクター攻撃力アップ【小】)とかホゲーー(キャラクター体力アップ【小】)を発動しても良いかと思います。

波動無効については、射程負けしていても耐久が高ければ平気です。素の攻撃力はそれほど高くないですし。
タコつぼを使うのも全然アリかと。

目次にもどる

■ネコセイバーオルタについて

ネコセイバーについてはこちら

第2形態から第3形態の進化で、体力が約1.5倍となりました。
短射程めっぽう強いとして、それなりに壁を補強してくれるかな…?

それより注目したいのは、波動及び全ての妨害に対する無効特性。
キャラ説明文に「全妨害効果を無効」と明言されていますし、今後何か新しい妨害が出たとして、それに対する無効特性も持ってくれそう。

しかし、適性ステージはすぐには思い浮かばないですね…。『女帝飛来』(森の蜜子:浮き&鈍化)とか?
ちび星渦が浮き属性を持っていてくれたら、宇宙編第三章での活躍を期待できたのになあ。

とりあえず無効特性はたっぷりありますし、ヒカル&ケロ助を筆頭とする低火力妨害特化キャラに対して使ってみたいところです。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。