未来編第三章モナコ攻略

フランスで8000点を達成後、まだ統率力がいくらか余っていたので次へ。

次のスペインはとりあえずフランスの編成で、余ってた1枠に狂ドラゴンを加えて突破。
最初にカンガルーが複数体出て来るので、資金繰りを気にすることもなく楽々。

ちょっとだけ「ん?」となったのがその次、モナコ。

とりあえず同じ編成で行ったら、


※2回目、別編成で挑んだときのスクショです

なんだこのイカは…。攻撃力下げてくるしなんかドラゴンより射程長いっぽいし、めんどくさい…

採点報酬をしたら目標は6500点。では少し時間かかっても問題ないと考えて、ムートウルルンニャンダムを投入。
射程は長いけど1回目のときヴァルキリーが結構長く戦えていたため攻撃力自体は低いと判断。ジャラミ狂ぼっちも入れます。

ゴム 狂カベ ライオン 狂キリン 狂美脚
ジャラミ 狂ぼっち ニャンダム ムート ウルルン

この編成で2回目


※上のスクショの続き

寂しい…。どうやらムートウルルンより射程が長いようで、ニャンダム以外はやられてしまいました。

あと城を叩いてイカが出現したあと、しばらくしたらヤドカリが2体(?)出てきます。こいつらが壁になってめんどくさい。
できるだけ早くヤドカリを処理することにしました。

早くに攻撃役を生産してしまうとヤドカリが来る前にイカの射程に入って攻撃力ダウン、さらにはやられてしまい処理が遅れます。そのため最初に生産する攻撃役は城を叩くための最低限&イカに射程負けしないニャンダムのみ。

ヤドカリ処理中も波動で攻撃できる狂美脚は積極的に使いたい、あと敵の突破力はそう高くないので壁役はゴムだけで十分。そこで編成はこんな感じ↓

①ゴムは常時、狂美脚とジェンヌを1体ずつ生産
②働きネコにはお金を使わずニャンダムを優先して生産、あとはイカ出現後もしばらく貯金
③少し待ってからWドラゴンを生産開始。あとは適当に

だいぶアバウトだけど、こんな感じの方針で挑戦。

カベはゴムだけで十分と言いましたが、実はイカ出現直後の赤ヘビラッシュのとき押されます。
おそらくはそれが原因でイカが前進してニャンダムの射程圏内に入り、ヤドカリ処理中に狂美脚の波動だけでなくニャンダムの攻撃もイカに当たっていたのでしょう。

また、少し敵が前進したためヤドカリが前に出て来るまでにいくらかWドラゴンの攻撃もイカに当たったように見えました

その結果ヤドカリ処理後割とすぐにイカも突破。余裕かと思われましたが…

意外とギリギリの6500点。

作戦に加えて偶然の要素が入っての達成でした。統率力の余りで再挑戦してみましたが、6300点ほどで再び6500点とはならず…
安定して6500点を出すにはWドラゴンを出し始める後の立ち回りももう少し考える必要があるようです。

統率力使い切ったので続きは明日以降に。現在12/48、まだまだムートの進化を拝むには遠いです。

【最終更新】20180115
改行、リンクなど修正。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。