☆1『海を汚す悪しき者』攻略その1(石油プラットホーム~ポイ捨て海岸)

※実装当初のメインデータでの攻略記録と、2018年のサブデータの攻略記録です。
メインデータの攻略記録の記述を残しつつ、サブデータの攻略記録を入れ込んでいます。

スポンサーリンク

■石油プラットフォーム

特徴
敵城を叩くと新キャラ「カルピンチョ」が登場。少し射程長めのクリティカル持ちな赤い敵です。
遅れてニャンダムが登場、カルピンチョも2体3体と増え、とどめに赤ぶん。

赤敵が多いステージですが、射程は

赤羅我王<赤ぶん<ニャーコック船長<カピバラ

で、赤ぶんのふっとばし役として重宝したい船長がカピバラにやられてしまうようです。

編成①メイン超激あり
自分のクリア編成が

マローン 金ビル モヒカン 狂ビル ジェンヌ
番長 聖ヴァル コニャ ウルルン かむくら

となっていました。

激レアの番長はいいとして、超激レアのかむくらを使っているのがなんともいえないところ。
後日せめて超激レアを使わない攻略を考えたいところです。

編成②メイン超激無し

狂ビル 狂カベ ゴム ムキ足 船長
狂美脚 キンドラ 聖ヴァル 狂ムート ウルルン

作戦もそんなに工夫したところはなく、序盤カピバラだけのときに目一杯お金をためて全力攻撃しただけです。
1回目のムートウルルンはやられました。3枚壁でじりじり押されながらお金をためて持ちこたえ、2回目のムートウルルンで赤ぶんを撃破しました。

射程は確かに船長<カピバラなのですが、カピバラが単体攻撃なのが幸いしました。
船長の前に壁があればカピバラの攻撃が船長に当たることはないので、船長もそこそこ生き残ってふっとばしの役割を果たしてくれます。

寒くて手がかじかんでしまい、壁3枚の生産にミスが出ないように。あとはそれだけでした。
自分は始めニャンピュータに頼りましたが、ニャンピュだとそのうち金欠になって壁の生産が止まってしまいます。結局寒い手で懸命に壁を出すことになりました…

編成③サブ

レベル:基本キャラ20+10、ほか20。
お宝:未来編第二章まで100%。

単体攻撃のWドラゴンがキーポイント。
範囲攻撃でばさばさ雑魚を倒していると、後続の強キャラの出現が早くなりやすいです。
単体攻撃を軸にすることで雑魚を倒すペースを下げ、カルピンチョ1体目以降の強キャラが出るのを遅らせます。
その間にカルピンチョ1体目へのダメージを稼ぎ、また、ドラゴン隊を形成していきます。

①コニャ生産。貯金しつつコニャの再生産を稼ぐ
最初のパオンが場にいる間に貯金します。
ついでに、序盤の雑魚処理役も兼ねて、ニャンダムに射程勝ちしているコニャを出してみます。

自分の場合は味方キャラが弱く戦力が足りないので、以下のような小細工により貯金の時間(パオンが場にいる時間)を稼いでいます。
(1)最初の例のヤツ軍団の一部が生き残るタイミングでコニャ生産。
→コニャの初撃を受けず生き残った一部が敵の最前線となり、二撃目もパオンに当たらない

(2)壁キャラ(特にモヒカンと狂ビル)の生産を抑え目に
→パオンに噛みついてしまうので

(3)にゃんこ砲でコニャの攻撃を空振りさせる

②攻め上がり。Wドラゴンを生産開始
前述の方針で、単体攻撃のWドラゴンを生産開始。
範囲攻撃の聖ヴァルウルルンや、波動の狂美脚はまだ生産しません。

敵城へ到達するのに合わせて壁役の生産も増やしていきます。(2~3枚壁)

③カルピンチョ2体目が出たあたりから全力生産
カルピンチョが増え始めたら、そろそろ赤ぶんが来る合図です。
聖ヴァルは赤ぶんにぶつけたいので、赤ぶん出現まで待つ方が良いかも。

目次にもどる

■汗とアルデヒド

特徴
一角くん系統がたくさん出てくるステージ。
一角くんが計3体、メタルサイボーグが計2体、サイバーXが6体。

かつての攻略記録では、

「赤サイとエイリアンサイはどうでもいいのですが、メタルサイがきつい。

メタル対策を厚くした編成で、他のサイから得た大量の資金で突破したはずです。
記録に残していなかったのですが、ネコスタチュと少佐を使った気がします。」

とかいう舐めた感じの記述しか残していませんでした。
タイフーンが実装されるのがもう少し先の話であったこと、少佐(Lv.30)のクリティカル1発では倒せないことから、メタサイ対策が重要だったらしい。

サブではメタサイはもちろん、未来編第二章までしかクリアしてないので、サイバーXが鬼門。
「未来編第三章やれよ…」と思った方、まったくその通りです。

編成(サブ)

レベル:基本キャラ20+10、ほか20。
コンボ:ビューティフルレッグス(ふっとばす効果アップ【小】)
お宝:未来編第二章まで100%。

今はタイフーンがいるので、メタル対策がかなり楽になっています。
それでもタイフーン1体にメタサイ対策を丸投げすると、結構な運ゲーとなってしまいますが…

サイバーXに対しては、ジャラミとウルルンのふっとばしで誤魔化します。
複数体重なったときに備え、範囲攻撃(狂UFO)も完備。

なお、自分のゴムではサイバーXの攻撃を耐えることができずお金の無駄なので、モヒカンに替えました。

①一角くんを倒してお金を受け取る
狂クジラで迎撃。
1万円ほど貰えるので、働きネコレベル4(所持金最大10,500円)にしておきたいです。

②サイバーX1体目→メタルサイ2体迎撃
3枚壁、ムキ足、狂UFOでサイバーXを倒します。
メタサイが戦線に合流してくるのに合わせ、タイフーンを生産。押し切られる前に倒すことを祈ります。

③がんばる
メタサイを倒したお金でウルルンを生産。
3枚壁、ムキ足、狂UFOを優先的に生産し、引き続きサイバーXを迎撃していきます。

お金に余裕がないので、一角くん2体目を倒すまで粘れるかの勝負でした。

目次にもどる

■いにしえの裁判

特徴
ギャラクシーニャンダム、プドール婦人、ハサミーマンが序盤から出現。
しばらくすると、イノヴァルカンが1体+2体。

覚醒ムートがいれば、さっさと突撃させてギャラニャンを殴り倒し、敵城を落とすだけ。

かつての攻略記録も、

「どんなステージかすら覚えてないです…
初見で問題なかったということでしょう。」

という舐めきった記述。

しかしながら、サブデータでは(略)

編成(サブ)

レベル:基本キャラ20+10、ほか20。
コンボ:ビューティフルレッグス(ふっとばす効果アップ【小】)
お宝:未来編第二章まで100%。

ジャラミは対ギャラニャン用。
狂ボッチにしていないのは、ふっとばしで攻撃モーションをリセットすることを期待してのことです。

正直戦力が足りないので、ネコボンによる助力なしでは無理でした…

①ゴムとムキ足で迎撃しながら貯金
イノヴァルに対して全力を出したいので、できるだけお金の消費は抑えます。
押されるようであれば、狂カベも出します。

②イノヴァル1体目。がんばる。
3枚壁、W足、狂UFO、狂ドラゴンを総動員。
ギャラニャンの射程内に入らなそうであれば、ウルルンも使いたいところ。

②イノヴァル2,3体目まで抑え目にし、出てきたらがんばる。そして消化試合
ギャラニャンの射程に入ってウルルンがやられるときついので、アタッカーの追加生産をやめて前進しすぎないようにしておきます。

イノヴァルの出現を確認したら、再び全力生産開始。
無事倒し切ればあとは消化試合です。

目次にもどる

■あやしい自治体

特徴
新キャラ「ツバメンズ」が登場。

ツバメ…ですね。
やたら速いです。ミサイルの如く突っ込んできます。そして一撃が重い。

最初に出てくるのは一匹だけですが、城を叩くと大量発生。
その異常な移動速度のせいですさまじい突破力を発揮します。

メインでは特に対策無しで勝ったようですが、サブではきちんと対策を組まないとボッコボコにやられます。

編成(サブ)

レベル:基本20+10、ちびビル20+2、ほか20。

ツバメンズ軍団を戦ううえで注意しなければならないのは2点。

①待機時間0のタイプであること
全ての動作が攻撃モーションに含まれるタイプです。その場にじっととどまって待機しているように見える状態(前掲画像)も、攻撃モーションに含まれます。
ここまでに出てくる敵だと、黒わんこや天使わんこなんかが同類ですね。

攻撃モーションは、KBしたりふっとばされたりすると、リセットされて最初からやり直します。
つまり、こういった敵の場合、待機っぽく見える状態のときにKBさせたりふっとばしたりすると、攻撃モーションを最初からやり直す=また攻撃してくるということ。

ツバメンズは黒天使わんこよりもかなり突破力の高いキャラなので、こういったカウンターを受けることは避けたい。つまり、KBさせたりふっとばしたりする回数をできるだけ減らさねばならないということです。
したがって、ふっとばし妨害やにゃんこ砲はもちろん、低い攻撃力で何度もKBさせるのもご法度。ガツンと一撃で倒すのが好ましいです。

②集団であること
とはいえ、それなりに強化されたキャラや超激レアを使わないと、ガツンと一撃で倒すのは難しい。
すなわち、自分の戦力だとKB後のカウンターを全く発生させないというのは無理があります。

それではカウンターを受ける前提で考えるとき、ツバメンズ軍団とツバメンズ1体ではどちらが受けやすいか。当然後者です。
したがって、カウンターを受けるなら、範囲攻撃で一度にKBさせるのではなく単体攻撃で1体ずつKBさせるのが安全であろうと思います。

以上を踏まえ、用意できるキャラでできるだけ攻撃力が高く、単体攻撃のキャラをチョイス。
攻撃回転が早いとはいえツバメンズのカウンターをもろに呼ぶので、ウルルンの起用は迷いました。しかしウルルンを外すと火力が…

一応上記2点を重視してはいますが、結局壁6枚でどうにかしたといっても過言ではないかもしれません。

基本的には貯金→全力連打で戦うだけなので、詳しい生産については省略。

目次にもどる

■ポイステ海岸

初見殺しステージ。
パッと敵城を見れば、どんなステージかはすぐに予想がつきます。

やたら少ない敵城体力。時間制限があるタイプのステージですね。
敵をできるだけ早く突破し、ブラックマ出現前に城を削りきることを目指す系統です。

しかしこのステージはそこにもう1つの要素が。

ブラックマ以外で出てくるのはカベわんこ1体。
こいつを他のステージみたく壁役の雑魚敵と思うなかれ。めちゃくちゃ強いです。

ブラックマ出現前に削りきるのはどう考えても無理。
そして一定時間後にブラックマは3体出現。

初見では焦ってブラックマ出現前ににゃんこ砲を撃ってしまっていたので、ブラックマに対して撃つことができませんでした。

ただやってみればわかるのですが、

・ブラックマはにゃんこ砲で一掃可能
・次にブラックマが出てくる前ににゃんこ砲のチャージは済む

ので、カベわんこに攻撃しつつ、ブラックマ3体が出てきたらにゃんこ砲を撃てばOK。
3体の出現タイミングが微妙にずれるので、早く撃ちすぎないようにすれば大丈夫。
そのうちカベわんこを倒して城へ攻撃できます。

他のステージではブラックマが出てくる=終了みたいな感じがありましたが、このステージはブラックマが出てくること前提で立ち回る必要がありました。

メインデータだろうがサブデータだろうが特にやることは変わらなかったので、サブデータの攻略記録は省略します。

目次にもどる

■動画置き場

石油プラットフォーム※サブ

いにしえの裁判※サブ

あやしい自治体※サブ

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。