☆1『ITカタコンベ』攻略記録

「カタコンベ」って聞いたことあるよな何だっけ…と思い調べてみると、キリスト教の地下墓地でした。
古代ローマ時代の迫害時、キリスト教徒がここに逃れて信仰を守ったんだとか。言われてみれば思い出しますが、忘れてたなあ…

どういう意味でこのステージ名にしたんでしょうね?

スポンサーリンク

■キリバンの番人

特徴
主な敵はヒカルとダチョウ同好会。
ダチョウは時間経過で1体。敵城を叩くと1体ずつ2体。
ヒカルは敵城を叩くと1体。

ヒカルは感知射程450、遠方攻撃650-1300。つまりこちらの最前線より200奥からが射程に入ります。
Wゴムを基準とすると射程310以上が射程に入って被害を受けやすく、でも短射程キャラは射程260のダチョウにやられるのが悩ましい。

方針
ヒカル初登場ステージの「環境保護団体」と同じ感じ。
自城近くまで下がってヒカルの合流を遅らせつつ、自城前方の攻撃範囲を狭めて生産タイミングを計りやすくします。

編成(当初攻略)

大狂モヒカン30 ゴム20+70 大狂ゴム30 ムキ足20+70 大狂ムキ足30
大狂島40 キンドラ20+70 ジャラミ20+70 覚ムート30 ウルルン30
コンボ ビューティフルレッグス(ふっとばす効果アップ【小】)

初見編成です。
ダチョウ同好会が倍率2倍なため、単体でもそれなりに脅威。
+レベルが低ければ、大狂島あたりを外して4枚壁も視野に。

戦術
①ダチョウ1体をてきとーに迎撃しつつ貯金、てきとーに攻め上がる
初めはダチョウ1体程度はまあ問題なし。

じっくり貯金したいならダチョウのKB回数(5で撃破)を見つつ生産を調整。
そこまでがっつり貯金することもない気がしますが、レベルに不安があるならしっかり貯金すべきかも。

③敵ボス出現後、戦線を下げてから迎撃
「環境保護団体」は取り巻きの突破力が高く自城ギリギリで戦うのはなかなか大変でしたが、本ステージはダチョウ1体だけなので割と余裕
2体重なると厳しいかもですが、2体目が来る前に1体目を倒すのは十分可能。

編成(サブ攻略)

ゴム20+50 大狂ゴム30 ムキ足20+50 大狂ムキ足30 超特急30
キンドラ20+50 大狂キンドラ30 ミーニャ30 覚ムート30 ウルルン30
コンボ ビューティフルレッグス(ふっとばす効果アップ【小】)

方針は当初と同じ。超特急により貯金をしやすく。
サブのレベルでも十分耐えきることができるようです。

目次にもどる

■ダイヤルアップ回廊

特徴
時間経過で「イカ天」が4体出現。
加えて天使ゴンザレスとにょろろん、ゴリ・ンジュも出現。

出現がかなり早いため態勢を整えづらく、さらに天使ゴリやゴリンジュのせいで押されやすい。

方針
イカ天1体目をさっさと倒して敵城を落とす。

編成(当初攻略)

もねこ ラーメン30+23 クール 凧にゃん 紳士同盟
大狂モヒカン30 ゴム20+70 大狂ゴム30 大狂天空30 覚ムート30
コンボ デュエット(働きネコ初期レベルアップ【小】)、百鬼夜行(同左【中】)

にゃんコンボで資金難の解決を目指します。
ラーメン道を使いますが、イカ天の3連撃を耐え切るには合計48が必要。

大狂天空ではなく覚醒ムートに丸投げすることも可能です。
「進撃の狂乱ネコ」&4枚壁&覚醒ムートで、なるべく早く覚醒ムートを出し全力で守る感じ。

ただ、颯爽と突っ込んでイカ天に殴られ即死するのが怖かったので避けました。

戦術
3枚壁ラーメン道で防ぎつつ、大狂天空でイカ天1体目を撃破
→覚醒ムート発射

という感じ。

天ゴリはラーメン道&ゴムで余裕
→イカ天合流に合わせて大狂ゴムを追加。様子を見て大狂モヒカンも追加
→天ゴリが消えたらラーメン道の生産も様子見

編成(サブ攻略)

ラマンサー ボーン Mr. 聖ヴァル30 ミーニャ
モヒカン20+50 大狂モヒカン30 大狂ゴム30 ラーメン30 覚ムート30
コンボ バイオハザード(研究力アップ【小】)、ほねほねボーン(同左)、ライバル宣言(働きネコレベルアップ【小】)

覚ムートに丸投げパターン。
ラーメンのレベルが足りないので生産数で補い、序盤の所持金&終盤の火力が足りないのでライバル宣言(聖ヴァル)を追加します。

目次にもどる

■テレホー台座

特徴
ツバメンズが3体だけ。と聞くと簡単そうだけど、その3体が恐ろしく強い。

強さ倍率40倍。体力76万&攻撃力60万。
いきなり1体出て来るので、何も知らずに戦闘開始するとその1体に一撃で落とされて終了。

がっつり壁を出していても、3体の攻撃タイミング・位置がずれると攻撃のたびに押してくる。
KBの多さのため簡単にずれるので非常に押されやすい。

タスクキルしようにも城が攻撃を受けるか否かの判断が難しく、かつ1撃で落とされるため判断ミスのリカバリーができない。

編成(サブ攻略)

大狂モヒカン30 大狂ゴム30 大狂暗黒30 大狂ムキ足 大狂ライオン30
超特急30 覚ムート30
コンボ 進撃の狂乱ネコ(初期所持金アップ【大】)

覚ムートに丸投げパターン。
覚ムートの火力でツバメンズの処理が早いため、3体重なる心配は不要。壁の枚数も少なくて済みます。

編成(当初攻略)

クール 凧にゃん 紳士同盟 ミーニャ 聖ヴァル
ちびビルダー モヒカン20+70 大狂モヒカン30 カメラマン30+18 ムキ足20+70
コンボ 百鬼夜行(働きネコ初期レベルアップ【中】)、ライバル宣言(同左【小】)

メインアタッカーはカメラマン。生き残り能力により一撃で落ちない可能性があることを評価。
範囲攻撃&低コスト&浮いてる敵への高火力も◎。
サブアタッカーとして、同じく低コストのムキ足を採用。

目次にもどる

■Mrs.ドスの墓

特徴
教授、ブラックブンブン、ぶんぶん先生が出現。
敵の出撃制限が2体なので、初めは教授&黒ぶん。どちらかを倒すとぶんぶんが追加。

ちなみに「Mrs.ドスって誰?」と思いぐぐってみましたが、特にヒットせず。

方針
ぶんぶんを封じつつ、教授へ優先的に攻撃。

編成(サブ攻略)

大狂モヒカン30 大狂ゴム30 大狂暗黒30 大狂ムキ足 大狂ライオン30
ゴム20+50 法師30 ボンバー30
コンボ 進撃の狂乱ネコ(初期所持金アップ【大】)

ボンバーで黒ぶんを素早く固定。
教授への攻撃役は大狂ムキ足。囚人だと教授に攻撃が届かないパターンがありそうですが、大狂ムキ足なら届きやすいと思います。

編成(当初攻略)

クール 凧にゃん 紳士同盟 ミーニャ 聖ヴァル
ゴム20+70 大狂ゴム30 法師30+28 カメラマン30+18 囚人30
コンボ 百鬼夜行(働きネコ初期レベルアップ【中】)、ライバル宣言(同左【小】)

資金不足をにゃんコンボで解決。

法師は安定のぶんぶん封じ役。ちょうど自分の合計レベル(58)で教授の攻撃を2発耐えます。
カメラマンはぶんぶんへの攻撃役。特にカメラマンである必要はなく、ぶんぶんに射程勝ちしていればOK。
囚人は教授への攻撃役。波動や他の遠方攻撃でもいいけど、多分囚人が最適。

戦術
①教授討伐
教授を倒すまでは2枚壁&法師&囚人。

ぶんぶんは放置。
しかし法師の攻撃でKBして教授の射程に入り、教授にやられることがよくあります。
妨害が安定したら法師の生産を抑え、やられた後にすぐ立て直せるよう貯金します。

・ぶんぶんのKB毎に仕切り直しになる
・囚人しか教授攻撃役がいない

ので、少し時間がかかります。

②ぶんぶん討伐
教授を倒したらあとは余裕。
法師でぶんぶんズを完封してあげます。

目次にもどる

■聖人ブラクラの遺骨

特徴
最初は殺意のわんこと天使ガブリエルが2体ずつ。
敵城を叩くとWわんこ追加&イノワールとイノエンジェルが1体ずつ。

ボンバー実装によりイノワール複数とかくるんじゃないかと言ったことがありますが、イノエンジェルとのコンビというよりきついパターン。

方針
全力妨害。イノエンジェル対策を厚く。

編成(サブ攻略)

ラブにゃん ぺろきゃん 聖ヴァル30 ミーニャ クラシック31
大狂モヒカン30 ゴム20+50 大狂ゴム30 ボンバー30 舞妓30
コンボ ブラパンツ(働きネコ初期レベルアップ【小】)、ライバル宣言(同左)

にゃんコンボに枠を多めに割き、最初から天使妨害2種を連打。
特に舞妓にゃんは結構高火力なので、アタッカーとしても十分。

編成(当初攻略)

大狂モヒカン30 ゴム20+70 大狂ゴム30 ムキ足20+70 大狂ムキ足30
ボンバー30 舞妓にゃん30+3 クラシック30+6 聖ヴァル30 ウルルン30
コンボ ビューティフルレッグス(ふっとばす効果アップ【小】)

イノワールはネコボンバーで十分。

ただ、イノエンジェルを確定で妨害できるキャラは癒術師くらいしかいません。自分はコラボキャラを使うのがそんなに好きじゃない&射程差なさ過ぎてすぐ死ぬので不採用。
でもステージ構造上、キャラを事前に溜めておくのは少々厳しい。というわけで、範囲妨害キャラを複数投入。

Wムキ足はてきとーに。初見編成の名残です。
まあウルルンを出撃させた場合は恩恵があります。

戦術
①Wわんこをほどほどに迎撃しつつ貯金
敵ボスの出現が時間ではなく敵城であること、敵城を叩く前の敵が少ないことから事前に溜めることは困難。
敵ボス出現後一気に全力生産するため、しっかり貯金します。

Wムキ足を1体ずつor片方だけ、それとWゴムを様子を見ながら生産。
わんこが1・2体になるように調整。

②全力
適当に攻め上がり、ボス出現に合わせて全力生産開始。

それぞれ移動速度に差があるので、生産タイミングを調整できると◎。
まあ聖ヴァルの生産を遅らす程度の調整でいいと思いますが…

目次にもどる

■怨叫カプラ

特徴
初めはカオル君、新敵「ケロ助」、カベわんこ。遅れてバトルコアラッキョが出現。
新敵ケロ助は。

「ケロッ」としていて「ド根性」だけど「下戸(ゲコ)」とカエル感が満載なキャラ。

性能は遠方攻撃かつ100%鈍化、低い攻撃力。ヒカルに似たタイプ。

鈍化の持続が1800F(1分)とバカみたいに長い。一度捕まったら完全に機能停止する害悪さはヒカル以上。
ただし感知射程900&攻撃範囲1100-1400と、ヒカル(450、650-1300)と比べると攻撃範囲が狭く感知射程も長い。一応潜り込みやすい?

方針
「キリバンの番人」と同様、戦線を下げる。

編成(当初攻略)

サバンナ キンドラ ライオン サホリ キスヨリスゴイ
大狂島40 島20+70 ジャラミ20+70 大狂ジャラミ30 覚ムート30
コンボ 恋の季節(めっぽう強い効果アップ【中】)、獅子王(同左【小】)、3匹の王(キャラクター体力アップ【小】)

バトルコアラッキョを想定し、めっぽう強いコンボセット。W島を強化し、早期討伐を目指します。
実はバトルコアラッキョの倍率が1.5倍。初めてな気がします。

戦術
バトコアラ出現まで戦線を保ちつつ貯金(主にライオンを生産)
→バトコアラが出たら一気に戦線を下げる
→ケロ助がある程度自城に近づいてから迎撃開始

実際のところ、

・バトコアラ出現までずっと貯金してなくてもまあ大丈夫
・自城から離れててもタイミングを計れれば、下がる必要なし

ので、最初の待機も戦線の下げ方も割と適当でいい気がします。

・キャラのレベルが低く、各キャラ即時生産できないとまずい
・タイミング計るの苦手

ならいずれもしっかりすることを推奨しますが…

編成(サブ攻略)

ふんど師 島20+50 大狂島30 ライオン ウエスタン
ジャラミ20+50 大狂ジャラミ30 覚ムート30
コンボ ホゲー(お城体力アップ【小】)、ホゲーー(キャラクター体力アップ【小】)、カウボーイ(キャラクター移動速度アップ【小】)

基本的な方針は当初と同じ。
しかし、レベルの低さや使用キャラ制限(期間限定キャラなし)により、苦戦度合いはかなり上がりました。

ポイントは以下3点。
お城強化をしていないのでお城体力は12万なのですが、ケロ助に12万以上削られました。「ホゲー」を組んでてよかった…

・W島を連打できる働きネコレベル(5)は確保する
・バトコアラに対し、まずは覚ムートをぶつけ、その後2体目まで粘る。
・W島はズラして生産。同時生産だと一緒にKBしてしまい戦線が押される。

目次にもどる

■余談

今回のコンセプト?
前回(風待ちアイランド)は「たくさん出て来る」だった記憶。

今回は逆な印象。少ない敵で厳しく攻め立ててくる感じ。
少ない敵で苦戦させるため、嫌な組み合わせだったり出て来るのが早かったりという感じ…でしょうか。

最後のステージが
ちょっと拍子抜け。
ヒカルに似たえぐい妨害性能ゆえの様子見でしょうか。

とはいえヒカルは初登場もなかなかつらかった印象ですが…

なお、このステージは速攻が可能らしいですね。

癒術師でカオル君を永久停止
→にゃんこ砲で覚醒ムートすり抜け

という感じ。流行りのすり抜け速攻。

普通に戦っても大して難しくないし、わざわざすり抜け速攻やんなくてもいいんじゃないかなと思ったりもしますが…

目次にもどる

☆1『ITカタコンベ』攻略記録」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。