『大狂乱のバトル降臨』「最凶戦士 極ムズ」に挑戦

当初攻略の記録に、サブデータでクリアした記録を追記し編集。

初めから大狂暗黒が出現、その他は赤い敵となります(ニャンダム、赤顔、赤ぶん、ゴマさま、ウサ銀)。
ニャンダムと赤ぶんは1体ずつで、赤顔も有限。

序盤から戦闘のピークに入るため、資金源が深刻。
赤顔等を倒せると安定しますが、今度はニャンダムの一掃攻撃で崩される恐れが。

スポンサーリンク

■当初攻略

編成案1

モヒカン 大狂モヒカン30 ゴム 狂カベ30
バスたぶ 番長 聖ヴァル30 狂ムート30 ウルルン30

4月は未育成だったバスたぶを入れてみたバージョン。

ネコボンとスニャ使用して2回やってみるも、赤顔を抑えられずボコられました。
生産性の低い番長と聖ヴァルだけだと妨害の手が足りなかったです。

編成案2

モヒカン 大狂モヒカン30 キリンネコ ゴム 狂カベ30
歌謡ネコ ニャームス 番長 聖ヴァル30 ウルルン30

ニャームス追加。火力とか気にせず、とにかく妨害で粘り続けることを狙いました。
①よりは長生きしたと思います。

編成案2の反省
ウルルンのふっとばしがマイナスに働いてしまいました。
ふっとばし、その他妨害役が前進し、大狂暗黒の射程に入り、、、、

妨害役の種類は増やしましたがいずれも生産回転が遅く、立て直しができませんでした。

火力担当をウルルンから別のやつにすれば良いのかな…

・ふっとばし能力なし
・大狂暗黒にも攻撃できる(射程360以上)
・最悪範囲攻撃でなくてもいい(粘れさえすれば単体でもどうにかなる)

こう考えると、ムート・ニャンダム・ミーニャとかが候補なのでしょうか。ミーニャまだ手に入れてないけど。
単体攻撃だけどバスたぶを使ってみたい気もします。せっかく育てたので。

大狂ゴムと大狂暗黒は一応試したい編成があったので挑戦しましたが、大狂ムキ足は見込みを立てられてないため今月はスルー予定。
大狂ライオンもスルーしたいと思ってます。大狂天空を入手してからにしたいので。

次挑戦するのは大狂天空かな…

目次にもどる

■サブ攻略

編成

アミーゴ30 モヒカン20+30 大狂モヒカン20 ゴム20+30 狂カベ20
法師30 大狂ムキ足20 神さま30 ミーニャ30 ウルルン30

実装当初はいなかった法師と神さまを使用。
こういう今だからできる攻略をできるのがサブの楽しみですね。

・法師
→量産性が高く、大狂暗黒の攻撃を受けても立て直しやすい
→1枠で赤顔赤ぶんを任せることができる

・大狂ムキ足、ミーニャ
→早い段階から大狂暗黒やニャンダムに攻撃を通す

・ウルルン
→ちょこちょこふっとばして戦線を維持する

・神さま
→ニャンダムごとふっとばして一掃攻撃から逃れる

といったことを意図しています。

不安だったのでスニャボンニャンピュのフルコースで戦いましたが、スニャボン無しでいけなくもない…でしょうか?

・2枚壁で足止め
→赤顔が出たら大狂ムキ足と法師、4〜5枚壁を生産開始
→ウルルン、神さま、ミーニャの順に追加
→所持金に余裕がでてきたらニャンピュオン
(→状況を見て手動に戻したりスニャをオフにしたり)

最初からウルルン(大型)の生産を狙っていくとダメだったので、初めは小型キャラから生産を始めたら1発クリアでした。

参考↓
序盤はこんな感じになります、ってだけ。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。