実況パワフルプロ野球コラボ概要&キャラ考察

パワプロコラボ開始です。
twitter上だと活発に動いているのは「パワプロアプリ」の公式さんなんですが、区別できるように呼ぶべきなんでしょうか?まあいっかパワプロで…

デフォルメ体のキャラクターは、にゃんこと近しいところを感じます。にゃんこはデフォルメどころの話ではないですが…
コラボ概要(主にステージ)を簡単に確認したのち、コラボキャラの性能についてDBを見た印象を書きます。

Fateコラボ同様に出撃制限のことを考慮し、にゃんこ側のキャラとの比較は同レアリティの場合に限ります。


スポンサーリンク

■目次

コラボ概要
ステージ確認
キャラ考察
EX・レア
激レア
超激レア①サンバ新島早紀CC
超激レア②暗黒スバルCC
超激レア③野球マン5号CC
まとめ?


■コラボ概要

アプリ内お知らせの内容をざっと確認するだけ。

コラボステージ&コラボキャラが基本です。

ステージクリアに合わせてミッションがあります。
とりあえず以下の3種だけのようですが、追加はあるのかな?

また、今回はガマトト探検隊にもコラボ要素が。

ネコたちの探検隊に「ガンダー」なるわんこが加わりました。

ネコカン以外の獲得アイテムが増えるんだとか。どのくらい増えるのかな…
キャッツアイの主たる供給源がガマトトなので、この機会に荒稼ぎできるといいですね。

目次にもどる

■ステージ確認

コラボレアのドロップするステージが5つ。1つは常設、4つは不定期です。
常設ステージのドロップキャラについては、第3形態へ進化させる開眼ステージも用意されています。

概要のみ確認。攻略については後日書いていきます。

常設
『パワプロ高校2年の夏』
全3ステージ(初級、中級、上級)。矢部明雄が確率でドロップします。
最終ステージでも確定ドロップではないですが採点報酬でトレジャーレーダーを獲得可能。周回したくなければ7000点とってトレジャーレーダーを使えということでしょうか。

『ダイジョーブ博士の挑戦状』※25日~
全2ステージ(超上級、極ムズ)。矢部明雄を第3形態へ進化する権利がドロップ。
1ステージ目は5%、2ステージ目は確定でドロップ。1ステージ目も超上級(日本編第三章クリアレベルと言われます)なので新規には難しい。

不定期
「デートステージ」と銘打たれています。デート(*´-`)

4つの時間帯で、4種のゲリラステージです。
時間帯は決まっていますが、DBに依ればどの時間帯でどのステージが発生するかは日によって違うらしい。

18・19日は2つの時間帯に1ステージずつ。
20~31日は4つの時間帯に1ステージずつ、日毎に時間帯がズレていきます。
そして1日の朝は全部登場。

まとめたのが以下↓


※中級者以上のユーザーでステージクリアの統率力回復を『逆襲のカバちゃん』周回に使いたい場合、
猫塚→22日19時/31日22時/1日7時
紺野→25日20時/1日7時
虹谷→28日21時/1日7時
片桐→1日7時
に利用可能。
しかし限定キャラは確率ドロップなので、トレジャーレーダーを使わない限りは周回必須。最終回である1日朝に使う際は注意。

で、各ステージですが、全2ステージ構成(初級、激ムズ)です。
初級は問題ないとして、2ステージ目は激ムズってことなので新規が勝つには厳しいかな…

目次にもどる

■キャラ考察

EXはコラボキャンペーンによるボーナス。ログインすれば獲得。
レアは前述のコラボステージクリアによるドロップ報酬。
激レア・超激レアはコラボガチャ。

コラボガチャの激レア・超激レアはコラボキャラのみの排出(にゃんこ側のキャラが混ざらない)ので、コラボキャラを入手しやすいですね。

□EX・レア

氷上聡理と矢部以外はいまいち。上位互換キャラが手に入るまでの間に合わせ兼UR上げ要因ですね。

ガチャレアと違ってガチャ排出ではなくステージドロップなのがメリットですね。勝てさえすれば手に入りますし。

紺野美崎CC
エイリアンへの壁役として有用ですが、ネコサーチMkⅡに勝てる要素を見出し難い。

非常に貴重な対エイリアンの打たれ強い特性で単体なら倍以上の耐久力ですが、量産性で大幅に劣るのが痛い。

虹谷彩理CC
上位互換特性のねこ大魔王がライバル。
こちらが天使限定なのに対して大魔王は全属性対象。発動確率はこちらが50%なのに対して大魔王は100%。

こちらのメリットは安定性でしょうか。
攻撃発生がとても早い&射程が長いので、安定して攻撃できます。50%なので妨害が発動するかは運次第ですが。

猫塚かりんCC
ネコオドラマンサーの下位互換に近い。
移動速度が倍だけど量産性は半減、そして他はほぼ変わらず。

第2形態(ネコラマンサー)と比べると射程で優れる(300⇔250)ので、ネコオドラマンサーに進化できていない人からするとこちらが優位。それでも量産性半減が痛いけど…

片桐恋CC
ほぼネコチャンピオンの下位互換。攻撃頻度でやや優れるのみ。

氷上聡里&ネコCC
ライバルは同特性のラブラブにゃんこ。
ラブラブにゃんこは射程・量産性で勝ります。にゃんコンボも豊富。

対してこちらはやたら高い攻撃頻度(0.67秒)による妨害性能が強み。
1回の攻撃でふっとばす確率(30%)は同じですが、攻撃頻度に5倍もの差があります。

射程160はかなり短いので、基本的にイノシャシや一角くんへのふっとばし要因となりそうです。射程差がギリギリですが、赤羅我王もいけるかな…?

矢部&ガンダーロボCC
まさかのレアキャラで波動持ち。比較相手のいない独自の性能です。ニャラジン?知らないなあ…

一応ニャラジンと比較すると、量産性以外の全てで勝ります。
ニャラジンは生産スピードこそ早いですが、短射程低耐久で肝心の波動はLv.1(射程332.5)。それなのに975円と非常にコスパが悪い。

矢部は再生産がやや遅く量産性に問題アリですが、体力は並で射程230もまあ悪くない。
波動がLv.2(射程532.5)で、よくいる射程450~500の後衛キャラへ攻撃可能なのが強み。
といっても攻撃力・DPSはそう高くなく、量産性が低いので数でカバーも難しい。過信は禁物です。

目次にもどる

□激レア

激レアキャラがいるの、いいですね。それぞれ独自性のある面白い性能ですし。
第3形態がありますが、マタタビ1個のお手軽進化です。

野球マン1号CC
対エイリアン超ダメージ持ちの遠方範囲攻撃。
第2形態は遠方攻撃ではなく、ややDPSが高いです。しかし射程が短くなってネコクール(レア)と同等になり、そのクールと比較するとDPSが劣ります。
使うなら第3形態ですね。

遠方攻撃は感知射程275・有効射程200~400。
奥の射程が少々物足りない気もしますが、クマンチューを捉えているので十分でしょう。
超ダメージによりハハパオンのバリアを壊すこともできますが、有効射程400とあちらの射程400が同じ=こちらの攻撃が当たるならあちらの攻撃も当たるので、やや不安定。

野球マン2号CC
こちらは第3形態が第2形態の完全な上位互換です。

攻撃頻度が結構高いので、天使ガブリエルや天使ゴンザレスに対して強そう。射程も300と余裕があるので安定します。

野球マン3号CC
こちらは1号同様、第2形態と第3形態で趣が異なります。特にこちらは第2形態での採用もなくはない…?

第3形態は体力と射程で優れるので、安定性をとるならこちら。墓手太郎に射程勝ちできるのは嬉しいですね。

対して第2形態は、第3形態より3割強ほど高火力。2連続攻撃なので火力が分散する点は要注意ですが。
具体例に欠けますが、この火力差はどこかで影響があるはず。
※例えば、お宝とコンボ次第では単体で墓手花子を一撃KB可能。倍率100%時の話で、現在実装されているステージの墓手花子はいずれも倍率200%ですけど…

目次にもどる

□超激レア①サンバ新島早紀CC

ここからは超激レア。第3形態前提で、少し詳しく考えます。

Lv.30時のステータス

サンバ早紀
体力(KB) 7万1400(5)
攻撃力 3万2300
攻撃発生 1.20s
攻撃間隔 2.17s
攻撃頻度 5.50s
DPS 5,873
感知射程 325
移動(/F) 10
再生産 108.20s
コスト 3,900円
特性 対黒&浮いてる敵 100%で100~120F鈍化
遅くする無効

黒い敵と浮いてる敵両方に対する鈍化特性。安心の100%発動です。
射程は短めですが、鈍化が欲しくなるような敵は大体射程が短いので十分かと。

鈍化無効は現状だと死に特性ですかね…。生かせるステージが思いつきません。

基本的に鈍化能力で考えます。
黒い敵と浮いてる敵片方ずつで考えるとライバルが多すぎて埋もれるので、両方を対象に含むキャラと比較すると、

・ジョイフルねこナース
鈍化に加えふっとばし能力も含むので扱いがやや異なる。
発動確率が50%なので、サンバ早紀の方が安定。

・アタタタアシラン
発動確率100%に加え全ての敵が対象&1200という超長射程による安定感。
攻撃頻度と鈍化の持続時間、アタッカー性能、生産性でサンバ早紀が勝る。

・白無垢のミタマ
発動確率100%に加え全ての属性持ちが対象。さらに打たれ強い特性持ち&攻撃性能も十分&各種無効完備。
ミタマは遠方範囲攻撃なので扱いがやや異なる。白い敵に対して鈍化はもちろん打たれ強い特性も発動しないので、白い敵に対する耐久力でサンバ早紀が勝る。
にゃんこ大戦争きっての限定キャラなので、無理に差別化しなくてもいいかもしれませんが…

以上を踏まえ、

・黒い敵と浮いてる敵の前進を止めたい(短射程敵が主な対象)
・ある程度攻撃力が欲しい
(・白い敵も混ざっている)

という条件下だととても優秀なキャラクター。ステージ例が思いつかない…

なお敵の前進を止めるという意味で停止能力の方が上位互換ですが、黒と浮き属性を同時に停止できるアタッカー兼妨害キャラはいないようです。

目次にもどる

□超激レア②暗黒スバルCC

間違いでなければ第2形態(星井スバル)と第3形態(暗黒スバル)で能力に違いがあるらしいので、それぞれで考えてみます。

Lv.30時のステータス

星井スバル 暗黒スバル
体力(KB) 3万4000(4) 4万7600(4)
攻撃力 2万400 3万600
攻撃発生 1.03s 1.70s
攻撃間隔 2.50s 2.50s
攻撃頻度 6.00s 6.67s
DPS 3,400 4,590
感知射程 400 425
有効射程 300~600 300~625
移動(/F) 21 21
再生産 124.87s 124.87s
コスト 4,140円 4,140円
特性 対赤&天使 めっぽう強い
鈍化無効
対赤&天使 めっぽう強い

基本的には暗黒スバルが上位互換。体力・攻撃力・射程で勝ります。
攻撃発生がやや遅くなりそれに伴い攻撃頻度も下がっていますが、気になるほどではないはず。

異なるのは鈍化無効の有無。サンバ早紀と異なり、こちらの鈍化無効は生きる場面が存在します。
赤と天使に対する耐性持ちなので、教授&マンボーグ鈴木&断罪天使クオリネルに対し効果を発揮。鈍化を気にせず近づくことができます。

教授はそもそも遠方攻撃のおかげで肉薄の必要がなく、クオリネルは火力が高く生存時間が短いのであまり適性ではない。マンボーグ鈴木への適性が問われます。
ケロ助に対しても使えそうですね。現行ステージにおけるケロ助の取り巻きを考えるとサンバ早紀は射程不足でしたが、星井スバルなら射程は問題なし。

なお比較キャラとしてはサンバ早紀⇔白無垢ミタマと同じく、限定キャラである皇獣ガオウが立ちはだかります。
移動速度、遠方攻撃ゆえの扱いの差、第2形態の鈍化無効を差別点としたいところ。

目次にもどる

□野球マン5号CC

今度は第3形態のみで考えて良さそう。
激レアと併せて野球マン1~3・5号がいるのですが、4号っていないんでしょうか?

Lv.30時のステータス

5号 前田慶次
体力(KB) 6万4260(4) 9万8600(2)
攻撃力 3万7910 2万2100
攻撃発生 0.67s 0.37s
攻撃間隔 2.83s 1.67s
攻撃頻度 6.30s 3.67s
DPS 6,017 6,027
射程 380 320
移動(/F) 12 8
再生産 111.53s 68.20s
コスト 4,020円 3,585円
特性 波動無効
残り体力50%で攻撃力1.5倍
波動無効
残り体力50%で攻撃力2倍
対黒 打たれ強い

波動無効キャラがまた増えましたね。
とりあえず400を超えない中射程、攻撃力上昇能力持ちによる火力の高さを踏まえて前田と比較。

射程以外だとほとんど負けてますね。前田強いなあ…
そしてその射程で波動敵に対して劇的に変わるかというと、狂乱の巨神ネコ/大狂乱のネコジャラミに射程勝ちできる程度。
射程勝ちしている相手に対する安定性が増したと考えればいいですかね。

あと5号で優位な点はKB回数ですね。攻撃力上昇が発動した後も、もう一度KBで逃げることができます。
前田は攻撃力上昇が発動したら次のKBで倒れてしまうので…特にネコ仙人と戦う時はもどかしく感じます。

人によっては未だ持ってないかもだけど確実に持っておきたい波動無効の超激レア。
それが3分の1で獲得できるのですから、獲得の敷居が低めでありがたいですね。

目次にもどる

■まとめ?

コラボガチャで手に入る限定キャラはどれも独自な性能を有するので良いですね。
年始にネコカンを使い切ってしまったのが痛い…11連超激確定ガチャが開催されたら是非回したいのですが。

コラボステージはいずれも極端に難しいということはないので、にゃんこ側の人からすれば大したことはない。
極ムズと銘打たれているステージがありますが、ステージ情報を見ただけだと極ムズってほどの難度ではなさそう。

問題は新規参入勢がどうするかですね…(自分のサブデータ然り)
ほとんどのステージは確定ドロップじゃないので、無理に最終ステージをクリアする必要はないっぽいですが。勝てるステージを周回する感じですね。

自分のサブデータでも日本編の攻略&お宝集めを進めつつ、あわよくば最終ステージに勝てないか試してみます。

新規の方は、まず日本編第一章を攻略するのにこちらを参考いただければ…(*´-`)(宣伝)

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。