未来編第二章攻略記録(クリアのみ)

今のキャラ強化/お宝収集状況でのレジェンド攻略がだいぶ詰まってきたので、未来編の攻略へシフト。

本記事ではクリアのみに焦点を当て、基本戦術と一部ステージの攻略について。
第一章同様、採点報酬についてはまた後日。


スポンサーリンク

■目次

基本戦術
深淵の大渦
浮遊大陸

まとめ
余談


■基本戦術

後述する3ステージ以外は、初見編成で勝てました。

※ウルルン入手前の初見編成

※ウルルン入手後の初見編成

レベル:基本20+10、ほか20。
コンボ:ビューティフルレッグス(ふっとばす効果アップ【小】)
お宝:未来編第一章までコンプ。第二章発動0%

ゴムとW足の生産を基本とします。
それで押されそうであれば狂カベや狂ビルを生産。
クマンチュー、レディ・ガ、カヲルさんといった長射程が出てくればドラゴンやムートウルルンを優先。

お宝全スルーの状態で進められたので、まだまだ弱そうに見えるこの戦力でも十分すぎた印象です。

目次にもどる

■深淵の大渦

新エイリアンのギャラクシーニャンダムが出現。

その他取り巻きがいろいろいますが、特に重いのはサイバーX(計5体)。
お宝全スルーという舐めプをしているせいで、体力60万攻撃力1万1千という強さ。ゴムがワンパンされます。
ここまででブルークリスタルを発動できるので、コンプしていれば体力48万攻撃力8,800。これならゴムも1発耐えます。

ギャラニャンに一掃されるなかサイバーXを迎撃するのが大変で、編成をいじらざるを得ませんでした。
(今考えると、お宝集めろよって話ですね…)

編成

レベル:基本20+10、サイキック20+2(記事投稿時)、ほか20。

サイバーXの迎撃に余裕を持てるよう組んでいます。
鈍化で抑え込むべくサイキック、DPSの優秀な狂UFO、なんとなくふっとばし要因でジャラミ(壁兼アタッカー的な意味でも)。

取り巻き不在でギャラニャンへ攻撃する際は、ゴムの生産を維持しつつ、ムキ足とジャラミでがんばります。

思っていたよりは高得点でクリアできました。
とはいえ、ネコカンの6,500点には遠く及んでいないのですが…。これは大変そうだ。

目次にもどる

■浮遊大陸

基本的には第一章と同じ構成で、敵キャラが強化されただけ。

唯一、そして大きく異なるのが、サイバーXの存在です。またしてもコイツに苦戦。
サイバーXがイノヴァルの前に出てくるせいで、全然イノヴァルに攻撃が通りません。妨害(サイキック)もサイバーXに吸われてしまい、ほぼ無意味。

編成

レベル:基本20+10、ほか20。
コンボ:モヒカン愛好家(ふっとばす効果アップ【小】)、ビューティフルレッグス(同左)
お宝:未来編第二章クリスタル122%。

ここまでお宝全スルーで突っ走ってましたが、さすがにつらいのでクリスタルを発動させました。
編成はふっとばすコンボを2つ発動させ、一応ウルルンの妨害を強化。

大事なのは狂UFOです。サイバーXもろともイノヴァルに攻撃します。

戦術
気を付けるのは大きく2点。

①出撃制限にかからないよう攻め上がる。
→敵城に接近or壁を倒してくれる敵が出てきてから狂カベ
→敵城を削り始めてから狂ビル
→ボス戦開始からモヒカン

くらいな感じで生産しました。

②優先すべきは壁と狂UFO。大型の生産は慎重に。
射程差による生き残り時間の差こそあるものの、大型1体出すより狂UFO4,5体出す方がダメージ効率が良いので。
自分の場合ムキ足も優先。自分のお宝ではダメですが、クリスタルをコンプしていれば、20+10でイノヴァルの攻撃を2発耐えます。

以上に注意しつつ、

さっさとムートウルルンを出して再生産を稼ぎつつ貯金
→貯金終わったくらいからアタッカー生産開始
→壁の追加生産開始(上記①)
→ボス戦がんばる(上記②)

という感じ。

以下参考動画↓

序盤の生産をケチったせいで、ボス戦開始前からムートウルルンともに満身創痍というガバガバプレイング。
特に1体目ムートは、一度もイノヴァルへ攻撃することなく沈んでしまいました…

偶然ボス戦開始前にレディ・ガとの戦闘になり、
偶然レディ・ガを倒すことなくふっとばして敵城を先に削り、
偶然ボス戦開始後お金が減ったところで倒して資金補充できた。

というのが上の動画での勝因の1つだと思っています。

目次にもどる

■月

最終ステージ。反逆のヴァルキリーが登場。
第一章のクオリネンのような長射程ではないものの、味方をもれなくワンパンしてくる攻撃力&クオリネンより圧倒的に多い体力が強力。
取り巻きももちろん強力です。そして多い。

長期化するとエリザベス56世が参戦。
敵ヴァルと同時に迎撃するような戦力は持ち合わせていないので、エリザベスの出現前にどうにかして倒し切りたいところ。

編成

レベル:基本20+10、ほか20。
お宝:未来編第二章クリスタル200%

浮遊大陸とほぼ同じで、狂UFOをキンドラに替えています。
W足は敵ヴァルと同射程なためうまく攻撃できないので、Wドラゴンが重要です。

また、結構戦線が安定するので、敵ヴァルを敵城までふっとばして被弾する(※)のを極力防ぐため、先ほどのコンボが発動しないように組みました。
※この段階だと認識してない人もいるかもしれませんが、ふっとばしやKBモーション中はキャラ判定が消えます(キャラが存在しないとみなされます)。
一方でボスは敵城より後ろに下がらない性質をもつことがあります(今回の敵ヴァル)。
ボスがこれ以上下がらない状態でふっとばすorKBさせる→ボスの判定が消える→味方が前進してボスに接近する、という現象が起きるのです。

戦術
気を付けるのは大きく2点。

①出撃制限にかからないよう攻め上がる。
→最初の迎撃が落ち着くまではWカベ。落ち着いたらゴムのみ。
→敵城に到達してから狂カベ狂ビル
→ボス戦開始からモヒカン

くらいな感じ。

②W足の生産に注意。
前述のように、敵ヴァルへはうまく攻撃できません。クマンチューに対しても同様。
お金の無駄となるので、敵ヴァルやクマンチューだけのときは生産を控えます。初め脳死プレイしていたとき、見落としていました…

ボス戦序盤も取り巻きが弱くて敵ヴァルに接近しやすいので、あまり生産しなくてよいかと。

以上に注意しつつ、

さっさとムートウルルンを出して再生産を稼ぎつつ少し貯金
※働きネコレベル4(最大10,500円)~5(最大12,000円)くらい
※ムートの後に狂美脚を出しておくと、序盤の迎撃がスムーズでした。
→敵城が見えてきたらWドラを生産開始
→壁の追加生産開始(上記①)
→ボス戦がんばる(上記②)

という感じ。

以下参考動画↓

3分過ぎくらいで、前述の「近づきすぎによる被弾」が発生しています。
これを防ぎたければ最初の戦線を下げる=自城に近づけて迎撃を始めればいいわけですが、そこから負けるのが怖くて今回やってません。

目次にもどる

■まとめ

というわけで、無事聖ヴァルを取得。
(UR1,600の報酬でEXのレベル上限が30に上がるそうです。
自分もUR1,600は疾うに超えていますが、まだ当該報酬を解放するに至っていません。)

全体として、
基本キャラ20+10&狂乱コンプで戦力は十二分という印象。
この程度ならハードルもそう高くないはず。

あとはお宝をコンプしていけば、かなり余裕をもって戦えます。

お宝をコンプしていないと、こういうことになります。
勝てなくはないけど、ボスのみならず取り巻きも強化されてしまうので、かなり厳しいなという感じ。

今後は、まずは第二章のお宝を集めて、聖ヴァルを引き連れて試しにレジェンドをやってみようかな…(『闇へと続く地下道』「アンダーワールド」で立ち往生中)

そのあとは未来編第三章を進めたり、様子を見て基本キャラのレベルを上げたりしてみます。
基本キャラ20+10の状態のまま約半年が経過しているのでにゃんチケが貯まりに貯まっており、+15とか+20に上げるくらいなら朝飯前です。

目次にもどる

■余談

もうそろそろ第5回(?)ケリ姫コラボが終わります。

週末くらいから11連確定キャンペーンが始まりまして、チビガウを狙うついでに11連。
チビガウさえ手に入れば超ゲリが楽勝になるので、とっっても欲しい。

超激レアはケリ姫号でした。
メインで持っているケリ姫の超激レアは狂乱のケリ姫なので、違うキャラを入手できたのは僥倖ですね。

ユーリンチーが手に入らなかったのは残念ですが…

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。