終末兵器ムー/極秘研究機関パンドラってどうなんだろう?

5体全てで第3形態が実装されたかと思ったら、今度は伝説レア。
ver.8.4はアイアンウォーズのためのアプデですね!

DBの数値をもとに、性能評価を妄想してみます。


■目次

ステータス
考察


■ステータス

※Lv.30 ムー/パンドラ
体力(KB) 15万3000(1)
攻撃力 3万600
攻撃発生 1.70s
攻撃頻度 4.80s
DPS 6,375
射程 400
※全方位-450~400
移動(/2F) 1
再生産 174.87s
コスト 4,650円
特性 対ゾンビ 極ダメージ
対ゾンビ 打たれ強い
ゾンビキラー
波動打消し

ステータスや特性が独特すぎて、比較対象が思いつかないです。

体力、KB数や波動ストッパーであることからネコマシン・滅を想起しなくもないですが、その3点以外が違いすぎるんですもの…

目次にもどる

■考察

まず目につくのは、おかめと同じというこれ以上ない移動速度の遅さ
味方が前進するとたちまち置いていかれます。
まあモチーフ(祭殿/ラボ)的に、動く時点で結構びっくりですが…

特性は対ゾンビ用と対波動用に二分されますが、移動速度の遅さはそれぞれについてメリットとなり得ます。

対ゾンビについては、潜伏ゾンビに対する強さ。
戦線が前に進んでもパンドラはずっと後方にいるので、潜伏から出てきたゾンビをその打たれ強さ&火力で殲滅することができます。
攻撃発生や攻撃頻度も優秀なので、出てきたゾンビをすぐに迎撃できるのもいいですね。

ささやかではありますが、全方位攻撃である点もGOOD。
僅かとはいえ一応前進するので、やはりゾンビに背後をとられる可能性があるので。ちょっとでも後ろに攻撃が届いてくれるのはありがたい。

対波動については、前線に合流しづらい分味方を守る役割を果たしづらいので、どちらかというとデメリットとなることの方が多そう。

しかし風雲にゃんこ塔30階においては、移動速度の遅さはメリットです。
あのステージについては、戦線を上げることはあまり好ましくないですからね。
(無効じゃなくて打ち消しであることを考えると、移動が速かろうが遅かろうが関係ないかもしれませんが…)


全体として、

・他のアイアンウォーズ同様、4,500~5,000円に収まる安くも高くもないそこそこの値段
・高めの攻撃頻度&攻撃発生
・対ゾンビのスペシャリスト
・零号機以来、そして常設ガチャで初の中長射程波動打消し

といった強さがあります。

ただ、移動速度の極端な遅さにより、使用感はかなり独特なものになりそう。
対潜伏ゾンビでは無類の安定感を誇りそうですが、それ以外だと扱いづらく感じることが多いのかもしれません。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。