ラスヴォース/ファイナルラスヴォースってどうなんだろう?

超激レア8体目シリーズ第4弾。
今回は超激ダイナマイツより、「ラスヴォース」です。すごい小者感がする名前です。

それではいつもどおり、DBの値等をもとに性能評価を妄想します。

スポンサーリンク

■性能

※Lv.30 ラスヴォース 前田第3
体力(KB) 3万4000(2) 9万8600(2)
攻撃力 10万2000 2万2100
攻撃発生 2.57s 0.37s
攻撃頻度 16.67s 3.67s
DPS 6,120 6,027
射程 320 320
移動(/2F) 8 8
再生産 70.53s 68.20s
コスト 5,400円 3,585円
特性 体力1%で攻撃力50%上昇
100%で1度生き残る
波動・各種妨害無効
渾身の一撃
対黒 打たれ強い
体力50%で攻撃力100%上昇
波動無効

あまりにも独特なステータスで他キャラとの比較がしづらいですが、射程・再生産・波動無効で共通する前田慶次と並べてみました。

目次にもどる

■考察

単発攻撃力が10万を超える超大振りキャラです。
攻撃回転が非常に遅く、現在の環境に完全に逆行していますね。いいですね好きです()

利点
◎属性縛り無しの範囲攻撃で単発10万※Lv.30を実現
こういった高火力キャラって、デスピエロや武田のように属性縛りがあったり、テサランのように単体攻撃だったりするんですよね。
どの属性にも1発ドカンとぶちこめるのは夢があります。

◎攻撃力アップ特性でさらに火力アップ
条件は厳しめ。
割合は50%と控えめかもしれませんが、そもそもの数字が大きいので十分かと。

◎さらに渾身の一撃持ち
確率がよく分かりませんが、さらに攻撃力が3倍となるロマン砲です。

○再生産が早い
後述するように生き残り性能が劣悪ですが、ちょっとだけマシになります。

○100%生き残り
後述するように(略)

○波動無効
単純に汎用性が上がりますね。

○妨害無効
ヒカル、ケロ助、ゲコックがいる場合に戦線へ到達するために有効。
攻撃力低下妨害を受けないのも、ロマン砲的にGOOD。

欠点
△妨害無効
生き残り性能が劣悪なことを考えると、ふっとばしやワープによる逃げの手がないのは惜しい。

△攻撃頻度[低]、攻撃発生[遅]
嫌いじゃないですけど、使いづらさがあるのは確かですね。

×生き残り性能が劣悪
波動無効として最低限ではあると思いますが、そう長くはない射程。低体力。KB2。
さらに大振りキャラであることから隙だらけであることも考えると、長時間居座り続けることは期待し難いです。

×コストが重い
再生産の早さで生き残り性能の悪さを補えるかと思いきや、5,000円を大きく超える高コスト。
資金繰りを圧迫しそうです。

まとめ
素の火力の高さに加え、攻撃力アップ特性&渾身の一撃でさらなる高みを目指せるロマン砲。
波動無効で起用の幅も広がっています。

ただし、生き残り性能の低さ・大振り型・コストの重さなどから、1体当たりの効率は悪い。
特に低耐久が痛いので、射程負けする相手がいるとアウト。そうでなくとも壁がしっかりしていないと実力を発揮できない。

射程が長くないことは遠方攻撃キャラの懐に潜り込めるメリットもありますし、使い手がどう生かしてあげるかが大事になりそうです。

目次にもどる

■余談(SFVAEコラボガチャ)

コラボ開始後1週間ほどで11連超激レア確定キャンペーンが始まりました。

コラボ開始直後に性能確認したときは特に当たりハズレとかは触れませんでしたが、

ブランカ、春麗
>リュウ
>ガイル、ザンギエフ、ケン
>ダルシム

というのが個人的な見解。

7周年も近いしネコカンの残高が気になりましたが、せっかく半額でしたし、メインとサブそれぞれ11連を回してみました。

サブはブランカ。
最近真田も当てましたし、短期決戦をやりやすくなって嬉しいです。

メインはまさかのダルシム。10連目と11連目で2連続。
失礼ながら、これはちょっとがっくり。。。

今月は超ネコ祭を回しておらずレアチケが10枚ほどあったので、それと初回割引を消化。

ケンが当たりました。
うーん、まあどこかで使ってみようかなっていう感じ。

多分『New Challenger』シリーズもコンプしたので、ストファイコラボはだいたい落ち着きました。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。