第4回消滅都市コラボについて(+なめスタ)

確か4回目…のはずです。
真レジェンドに大苦戦していたせいで参戦が大幅に遅れたので正直記事を書く気はなかったのですが、せっかくガチャを回したのでその記録ついでに。


スポンサーリンク

■目次

第4回コラボ概要(にゃんこ側)
コラボガチャ
余談(じめじめなめなめ大進撃!)


■第4回コラボ概要(にゃんこ側)

①ガチャ新キャラ、②超激レア覚醒、③高難度ステージ解放、④新ステージ追加、の4つですかね。

①ガチャ新キャラ
レアキャラ「そうまにゃん」と激レア「オタネコギーク」が追加。
それほど消滅都市を進めていなかったので、最近になって9話をクリアするまで「そうま」が誰なのか分かっていませんでした。
ギークはさすがに分かりますけどね。

そうまにゃん
貴重な波動キャラ。
同じくコラボキャラ(パワプロ)の矢部くんと比べると、体力&DPSでやや劣るけど素の射程&波動の長さで優位。

Lv.30だと物足りないですが、Lv.50まで上げると攻撃性能は大狂ムキ足Lv.30に迫ります。
体力や射程で劣りますが再生産はやや早めですし、☆4で大狂ムキ足の互換キャラとして使うには十分すぎる性能だと思います。

オタネコギーク
感知射程が短く、妨害能力が攻撃力低下へ変更されたスーパーハッカーです。
第2形態は範囲攻撃だけど第1形態は単体攻撃なので注意。あと、鈍化より少々持続時間が長いです。少々。

感知射程が短くなってる(1,000)けど有効範囲は変わっていない(800~1,200)ので、敵の先頭より奥も妨害可能です。

本家ハッカーと合わせて使うことで妨害をより厚くできるのが嬉しいですね。

本家の妨害能力である「遅くする」に対して個人的に感じる短所は、敵の移動こそ防げるものの攻撃はされてしまうということ。
中射程以上の敵だとせっかく遅くしてもこちらの短射程(壁含む)を倒してしまうので、鈍化を受けなかった他の敵がそこに潜り込んできてしまうことがあるんですよね。
攻撃力低下でそういった不安点を補強できるのが特にありがたい点です。

②超激レア覚醒
3回目までのコラボで登場済みの超激レア3種が第3形態を獲得しました。

謎の少女ユキ(浮いてる超ダメ)
→射程上昇、攻撃頻度上昇、攻撃力低下無効

攻撃頻度の上昇はそこまで著しいものでもない気がしますが、射程460は大きい。
なんだかんだナマルケモルルや師匠に遭遇する機会は多いですし、真レジェで敵が大幅インフレしたことによりそれらに対し体力勝負するのは現状やや厳しくなった感があります。安全圏から攻撃できるのはやっぱりいいですね。

攻撃力低下無効はよっちゃんに対して有効。
クレイG然り、攻撃力低下妨害を無視して大ダメージをぶち込めるのは魅力的です。

狂乱のユキ(赤黒超ダメ)
→体力・攻撃力上昇、移動速度上昇、遅くする無効

体力も攻撃力も結構な上昇幅です。
射程は伸びてないので安全圏は広がってませんが、殴り合いに強くなった印象。
そもそもKB回数も多め(5)ですからね。生き残り性能が増したかな?

…かと思いきや、謎の移動速度上昇。
あくまで個人的な体感なので異論はあるでしょうが、移動速度16は速すぎ感があります。
にゃんこ砲1発ですぐ突っ込んで被弾するほどではないにせよ、ボスを敵城に追い込んだときは素の射程も相まって脆そう。

ステージ中央で殴り合う分にはそこまで気にならないんですけどね。

遅くする無効はケロ助を考えるととてもありがたいのですが、赤黒超ダメを生かしつつ…という構図はあまり無さそう。

失われしユキ(天使エイリアン超ダメ)
→体力・攻撃力上昇、バリアブレイカー、ふっとばす無効

体力・攻撃力の上昇幅は狂乱ユキほどではないです。
まあ攻撃頻度で勝っているので攻撃性能はそう変わらないし、耐久面も射程差を考えれば妥当でしょうか。

そして特性追加が2つ。射程400超のバリアブレイカーはまだそう多くなくて貴重ですね。
どうせなら巨匠が視野に入る射程であれば…

ふっとばす無効は…どうなんでしょう。どこで生きるんでしょう。
長射程アタッカーですし、ふっとばされずに余計被弾するよりは、ふっとばされて後ろへ逃れて欲しいのですが。

③高難度ステージ解放
コラボ全ステージ(開眼除く)に☆2と☆3が追加。

採点報酬ステージばかりなので、ただクリアして終わりとはいかないのが面倒楽しめますね。

④新ステージ追加
新ステージ「タマシイの都」が追加。経験値がたくさん貰える系採点報酬ステージ。

3ステージ構成で、構図は大雑把に記すと以下のような感じ。

1ステージ目:敵城叩くと狂ユキと天使
2ステージ目:敵城叩くとユキ、赤髪ユキとゾンビ
3ステージ目:敵城叩くとユキ3種と白い敵

☆1の時点でやや雲行きが怪しかったのですが、☆2以上となると採点報酬をコンプするのはかなりムズイ。

自分は面倒なのでデスピエロ戦法(デスピエロ→スロウ砲→リーガーでトドメ)に逃げました。

敵城を叩く前から敵がある程度出てくるので、デスピエロが敵城を叩くよう仕向けるには一工夫必要。
といっても、デスピエロより足の遅いアタッカーを用意しておくだけです。

2ステージ目に対してはゾンビキラーを得た覚醒宮木、1・3ステージ目では暗黒嬢を使用。
敵がいるというのもあってリーガーを合流させるタイミングに手間取りましたが、タスクキルでやり直せばいいのでまともに戦おうとするよりはだいぶ楽をしたと思います。

経験値ドロップがあるとはいえ、にゃんチケ1枚のために20周もするのはめんどくさかったので、3ステージ*☆1~3にプラス1回で終了。

目次にもどる

■コラボガチャ

実はこれまで回したことがありません。
タイミング悪くネコカンが不足してばかりだったんですよね、確か。

すなわち超激レアがいずれもNEW。折よく11連超激レア覚醒キャンペーンがきたので、せっかくだから回してみました。

特に狙いはないです。
NEWの超激レアは確実に1体手に入るので、そうまにゃんとオタネコギークを両方とも確保できれば万々歳。


とか思っていたら、想定以上に当たりました。
そうまにゃんが2体で、ギークに至っては3体。



そして9,10,確定枠で超激レア3連続。
さすがにこれだけで3種コンプは虫が好すぎる話ですが、それでも9回目10回目ときてからの確定枠にはかなり期待してしまいました…

なおサブでも1回11連を回してみましたが、

そうまにゃんこそ手に入ったもののオタネコギークは引けず。
そして確定枠はノーマルユキ。バルス(第3形態になれば)とか、エヴァ初号機とか、射程450超えが充実しています。

目次にもどる

■余談(じめじめなめなめ大進撃!)

昨年の梅雨時期もありましたが、今年も6月に入って開催。

福引ガチャの周回ステージであると同時に、今回は限定キャラ「なめネコ」が手に入るステージでもあります。
限定キャラがドロップする仕様になったからか、クリア状況がリセットされてクリア報酬も貰えます。

気になったのは限定キャラ「なめネコ」の配置。
イースター限定キャラ「ネコエッグ」の次に配置されており、季節限定キャラとしての位置づけになっています。

昨年はポノスの新作「なめなめスタリオン」とのコラボとしての扱いだったと思うのですが、にゃんこ大戦争内のイベントとして取り込まれた感じです。
ひよこ小競走みたく話題として目に留まらなかったので知りませんでしたが、なめなめスタリオンも早々にサービス終了してたんですね…。Youtubeで某氏の動画を見て驚きました。

なめネコの性能は全属性の動きを遅くするという強力なもの。しかも範囲攻撃で、射程も210とそこそこ長い。
ただネックなのは、持続時間が1秒ほどとかなり短いこと(攻撃頻度は約6秒)

比較対象として癒術師(なめネコは季節限定で癒術師はコラボキャラですが、メルストコラボも大体1年周期で開催されてますし入手機会の如何は似たようなものでしょう)を挙げると、メタルを含まず射程160である代わりにより強力な停止能力を持ち持続時間も3秒強。
これはバランスが取れていると言うべきなのか。いや癒術師にはやっぱり及ばないんじゃないかな…

ステージ攻略の方はというと、個人的には周回しにくい。そこらへんの感想は去年と変わりません。

敵城体力が40万もある&天使スレイプニールがいるので、特殊にゃんこ砲で敵を封じて先に敵城を落とす戦法は覚醒ムートや超特急だけだと厳しい。かといってまともに戦おうとすると、なめ達が邪魔でスレイプニルへ攻撃しづらい。

他にも真田とかセイバーとか高速キャラがいればゴリ押しで敵城を落とせますが。

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。