☆1『脱獄トンネル』攻略記録(+MIB)

ようやくウルルンが手に入るマップへ。ネコ基地に入るたびに見ていた↑画面ともお別れ。

レジェンド本編は以降ウルルンを使えることが当たり前になるかと思いますが、今後は本格的にウルルンを使いだす前にウルルン無しで未来編第二章とか開眼系とかをやってみようと思います。


スポンサーリンク

■目次

強化状況
茶罪~ギル・ティ~
実刑判決
ハリートンネル
夜のしじま
落とし穴地帯
大脱走
余談(メン・イン・ブラック大会)


■強化状況

『脱獄トンネル』からステージ難易度が激ムズ→超激ムズへ上がります。
とはいえ本来はまだ狂乱キャラが手に入る進度ではなかった気がしなくもないですが…まあ覚えてないし気にしません。

日本編(各章の合計。最高300%)
→全て300%

未来編(各章の合計。最高300%)
→全て100%

キャラのレベル
基本キャラは20+10。他は原則20。
ガチャキャラは0~5くらいの+値がついています。

目次にもどる

■茶罪~ギル・ティ~

初めは茶罪をそのまま「ちゃざい」と読んでいて、「ちゃつみ(茶摘み)」だと気づいたとき感動したステージ。
ダチョウ同好会が3体も登場するのはこのレベルでは結構きつい。

編成

狂乱キャラを揃えていれば中長距離アタッカーが豊富になって隊列を組みやすく、ダチョウ迎撃がかなり楽になります。

戦術

せっかく序盤余裕があるので、ムートを溜めると良いと思います。
あとはW足とWドラゴンで弾幕を張っていくのみ。

目次にもどる

■実刑判決

敵城を叩くと出てくる赤羅我王、「バリバリ柱」より一回り強いです。
しかし「バリバリ柱」が2体だったのに対しこちらは1体。

編成は「茶罪」と同じ。

さっさとムートを出して再生産を稼ぎつつ貯金
→アタッカーを出しつつ攻め上がり、ボス戦をがんばる

というだけで大丈夫。あっけなく済んでしまったのは狂クジラのおかげかな…

目次にもどる

■ハリートンネル

コアラッキョ3体の難所。
難所ということで攻略法も普及していますね。

編成

当初波動ステージを攻略するにあたっては、

①そもそも攻撃させないタイプ(例:メラメラカルデラ
②空振りを誘発する(自分はハデス型と呼びます)
③体力勝負(例:キモフェス

といった方法がありました。本ステージは①と②の併用です。

戦術
さっさとムート。ゴム&狂カベで防ぎつつアタッカーを増やす
※狂UFOはまゆげどりに射程負けするので、まゆげどりをドラゴンやムキ足で瞬殺できる態勢が整ってから生産を始める方が好ましい

→段階的に壁役を変更。ゴム&狂カベの2枚壁→狂バトルの1枚壁へ
※自分はサブの壁役として狂クジラも使用。そのせいで波動を誘発してしまった気がしなくもない

→がんばる。狂バトルの1枚壁で波動を空振りさせつつ、アタッカーの弾幕でコアラッキョや取り巻きを近づけさせない

目次にもどる

■夜のしじま

メタルゴマさまの初登場ステージ。

編成

とにかくメタル対策。
この編成だと長時間経過したときに出るハイエナジーに不利ですが、それまでに終わらせれば問題なし。

戦術

攻め上がりながらクリティカル(少佐)と妨害(フープと人形師。スタチュは厳しい)を溜めていきます。
ボス戦が始まったらクリティカル役を追加生産(なわとびと狂クジラも)し、迅速な突破を目指します。

予め狂美脚も溜めておくと、メタル以外の取り巻きをさっさと処理するのに便利です。

目次にもどる

■落とし穴地帯

超長射程の敵に阻まれひたすらグダるステージ。
しかし狂美脚がいれば怖くありません。

編成

「茶罪」や「実刑判決」で使っていた編成のヴァルをジャラミに替えただけ。
前述のように、メインとなるのは狂美脚です。

戦術
壁を連打しつつ、さっさとムートを出して狂美脚も連打。
初めはカオルくんが遅すぎてなかなか前に出てこず、狂美脚がナマルケの攻撃を受けてしまいます。

しかし、ある程度経ってカオルくんが十分前に出てくれば大丈夫。狂美脚はきちんと守ればカオルくんの攻撃を受けないので、カオルくん越しに波動でナマルケやへ攻撃できます。

カオルくんがいなくなったら狂美脚がうまく機能しなくなるので、狂クジラやジャラミによる体力勝負へ切り替え。

目次にもどる

■大脱走

ついにきましたウルルンステージ。
400超えの長射程であるウルルンに味方がやられていくなか、イノシャシやダチョウ同好会の迎撃をしなければならないのがキツいステージ。

編成
落とし穴地帯」と同じ。

長射程の超激レアがいればもちろん、狂乱キャラを揃えていれば十分ゴリ押し可能みたいです。

戦術
せっかく最初は雑魚ばかりなので、ムートを溜めておくと良いと思います。
自分はめんどくさくて、さっさとムートを出したあと貯金が終わったらそのまま攻め上がっていきましたが…

注意すべきは、ステージが長いので出撃制限にかからないよう攻め上がりのとき各キャラの生産を始めるタイミングを調整すること。
あとは思考停止の全キャラ連打でどうにかなりました。

初回クリア時はドロップせず。
にゃんこ塔とかレジェンドブンブンもあって、確定でなく確率のドロップだということを失念していました。

もう一度同じ編成でやって、偶然勝てたわけではないことを確認。

あとは超激レアを入れて無双。初号機とバルスを使いました。
10周してもドロップしないので、結局トレジャーレーダー使用。

目次にもどる

■余談(メン・イン・ブラック大会)

ランキングの間、3巡目のMIBです。

赤てんはデスピエロでそれなりに好成績を残せました(最終的には3%だったかな?)。
メンインブラックも不死鳥も2巡目の時点でデスピエロ戦法による10%入りを果たしているので、一通り達成できたということで満足。

今回も元気に楽しくデスピエロで敵城を殴っています。
前回の動画が残っていましたが、編成&出し方が少し違うようです。
ベストはあまり上がってませんが…

今回の自己ベスト(2日目時点)↓

再度ベストを更新したら、その動画はきちんと残そう…

目次にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。