レジェンドクエストについて

今週はにゃんこをあまりやらない(できない)予定だったのですが、ログボ貰おうと思って開くとまさかの新イベント。

なんか特殊なイベントのようです。
おおまかな仕様と、最後までやってみた感想をまとめてみます。

※初めはLEVEL15までやってみての印象(仮説)を描いていましたが、一通り遊んだ後で書き直しました。


■目次

ステージへの挑戦について
ステージの中身について
編成の中身について
攻略について
報酬について
初回開催の感想


■ステージへの挑戦について

ステージ毎に、LEVEL1,2,3…とレベルが上がっていくステージ名となっています。

統率力(1~20まで50、21~40まで100、41~FINALまで150)に加え、専用の「★」が必要なようです。

「★」はレジェンドステージのクリア数に応じて配られます。
レジェンドは全49マップで、ver.8.6現在では43マップが☆4まで実装され、残り6ステージは☆3まで。4*43+3*6=190個が最大数です。

初めに配られるこの分だけで、ドロップ等がないことに注意。使い切るとゲームオーバーです。
イベント期間までに終わらないならまだしも、挑戦できなくなり強制終了なんてことがあるとは…

また、「★」の消費量ですが、「挑戦回数」(≠クリア回数)毎に増えます。
初回が1で、1つずつ4まで。LEVEL 41からは、初回が2で5まで。
ヘタすると、1ステージクリアするために「★」が10個以上消えていたりします。

目次にもどる

■ステージの中身について

「ランダム」とはいえ完全ランダムではなく、レジェンドステージから選ばれるようです。
さらに、「LEVEL ○」はレジェンドの○マップ目と次のマップのステージから選ばれるという規則性があります。

ver.8.5からステージ名をタップすると出現する敵キャラが表示される機能が実装されていますが、これを利用してステージの絞り込みが可能です。
挑戦前は「?」しか表示されないのではっきりとは分かりませんが、「?」の数と対象マップのステージ構成とを照合することで、ある程度推測できます。
※看板娘は「?」に含まれないので注意。天使愛好家は含まれます。

また、各LEVELのステージは、1回挑戦したらその期間中は固定です。

なお、48ステージ目である「LEVEL FINAL」は、49マップ目の『古代研究所』で固定。このマップは「太古の力」1ステージのみなので、最終ステージは完全に固定です。

目次にもどる

■編成の中身について

編成も完全ランダムかと思いましたが、多少は手加減されています。多少は

挑戦するごとに、「組んでいる編成のうち何枠をランダムにするか」という判定がなされます。
挑戦回数が増えると、ランダムにされる枠数が減るようです。

DB記載の情報をもとにランダムとなる枠数の期待値を計算すると、以下の通り。

挑戦回数 ランダム
枠数
期待値 5枠以上
ランダム
1回目 1~10枠 7.11枠 80%
2回目 1~8枠 5.22枠 66%
3回目 1~6枠 3.69枠 40%
4回目 1~4枠 2.3枠 0%
5回目 0~2枠 1.05枠 0%

1回目に期待してはいけないのはもちろん、2回目も怪しいですね。
ある程度まともに当初の編成を使わせてもらえると期待できるのは、せいぜい3回目以降でしょうか。

なお、枠数が決まったあと、どの枠がランダムにされるのか、ランダム枠のキャラはどう選出されるのかは不明。
今回の挑戦で、統計とっておけばよかったかな…

それと、にゃんこ砲は完全に固定なので、使いたい砲があればセットをお忘れなく。

目次にもどる

■攻略について

後半ステージに向け、「★」をできるだけ温存したいところです。
極端な話、最初から2回敗北(「★」6個消費)していると、LEVEL 30程度までしか進むことができません。

①どのキャラもしっかり強化しておく
②必須キャラをがっつり組み込んでおく

後半のことを考えると、LEVEL 15~20くらいまでは負けなしで進みたいところ。


何が選ばれてもある程度戦えるよう、コラボキャラも、ややネタ感のあるキャラも、出来る限り強化しておきたいです。


壁は欠かしたくないですし、アタッカーがいないと話になりません。
メタルサイボーグが出てくるLEVEL 14あたりからは、クリティカルがいない=詰みということもあります。

バランスが難しいですが、ランダムにされる想定で、必須な役割のキャラを多めに入れた汎用編成を組みたいです。

参考までに、自分が使っていた初回編成は以下↓

モヒカン20+80 大狂モヒカン40 ちびゴム30+34 ゴム20+80 大狂ゴム40
キョンシー30+38 メタルネコ20 大狂島41 キンドラ20+80 大狂キンドラ40

壁の確保を重視して、アタッカーは少な目。
30台中盤くらいから、大狂キンドラをジェンヌに替えました。

③ステージに大体のアタリを付けておく
中盤以降は1回目クリアが難しくなりますが、「★」の消費を抑えたければ、1回目から最善を尽くしたいところ。

前述の手掛かりをもとに候補ステージを絞り、汎用編成ではなく、候補ステージをがっつり対策した編成を組んで1回目に挑みたいです。

④ステージが確定したらがっつり対策
1回挑戦すればステージは分かるので、圧倒できる編成を組みます。

ただし、通常攻略のような編成の組み方はしないように注意。
どのキャラがランダムにされるか分からないので、味方の補助が必要なキャラより単体で強力なキャラの方が好ましいです。にゃんコンボを組むなど論外。

あわよくば2回目クリアを目指しつつ、可能な限り3回目でクリアしたいところ。4回目も負けてしまうとマズイです。

目次にもどる

■報酬について

にゃんこ塔みたく分かり易い並び方はしていないですが、戦闘用アイテム・チケット・キャッツアイが手に入ります。

アイテム ドロップするLEVEL
キャッツアイ
EX~伝説のいずれか3個
11・21・31・41・47
伝説キャッツアイ 15・25・35・40・45・48
にゃんチケ1枚 13・17・19・23・26・28・33・36・38
レアチケ1枚 20・30
戦闘アイテム
いずれか1個
上記以外
※29以上は2個。
※46では3個。

目玉となる報酬は伝説キャッツアイでしょうが、確定で手に入るのは6個。
運が良ければ、さらに15個追加で手に入るようです。

目次にもどる

■初回開催の感想

残り僅か13個というギリギリ具合。
終盤までステージ絞りをしなかったのを含め、全体的に対策がいい加減でした…。このままだとマズイと思った頃は時すでに遅し。
初黒星を喫したLEVEL 23以降のステージとランダム枠数は、末尾にまとめておきます。

個人的な感想としては、楽しくないとは言いませんが、ツラさが先行しました。

・48ステージという長丁場
・何のステージが来るか分からない
・分かろう(候補を絞ろう)とする場合の手間
・1回目と2回目以降で編成を組む手間が二重にかかる
・編成を組んだところで運ゲー
・「★」の個数制限

といったストレスの多さが原因。
「編成ランダム」という要素自体は面白いのですが…。レジェンドと組み合わせたこと、あるいはその組み合わせ方がよろしくないのでしょうか。

【LEVEL 23以降のまとめ】

LEVEL ステージ名 ランダム枠数
23 砕けた仮面 4枠→6枠
24 クーゲルシュライバー 3枠
25 あまくだり海流 9枠→7枠
26 夕焼けの咆哮 5枠→1枠
27 せめて、ネコらしく 10枠→6枠
28 ブラックウェーブ 7枠→5枠
29 身の程知らずの巣 6枠→7枠
30 環境保護団体 4枠→5枠→5枠
31 異星生態調査団 3枠→1枠
32 宇宙開発局 2枠→7枠→5枠
33 ホワイト・ライト・ナイト 6枠→6枠→4枠
→2枠
34 ムール街の悪夢 10枠
35 ボーンデッドアパートメント 5枠
36 子役上がり 10枠→7枠→4枠
→3枠→2枠→2枠
37 バブリーヒルズ白書 10枠→2枠→1枠
38 湯けむり極楽地獄 8枠→8枠→5枠
39 垢い敵、黒い汗 9枠→6枠→1枠
40 むっちり隠れ港 9枠→7枠
41 館長の自画像 5枠→6枠→5枠
→2枠→1枠
42 ヤンキー宗教画 3枠→2枠→1枠
43 ローズウェイ事件 10枠
44 料金所ヒートショック 1枠
45 ぬくもり対向車線 8枠→8枠→6枠
→2枠
46 ウェアラブルー一軒家 2枠→6枠→2枠
47 復活の偽呪文 9枠→8枠→5枠
FINAL 太古の力 10枠→4枠

目次にもどる

レジェンドクエストについて」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    詳しくはDBさんに載っているようです。対象ステージ、ランダム枠の確率、統率力、ドロップアイテム等。
    ★の数は、これまでのレジェンド★1~★4のクリア数によって最初から与えられ、ドロップするようではないみたいです。未クリアのレジェンドを1つクリアすると(難易度は★1~★4問わず)、★1つ追加がされる模様。現時点での最大★数は190です。
    ?の敵キャラ数と範囲指定のステージから、ある程度は限定できる時がありますね。ブラックマの時は普通のにゃんこ砲にしたり、メタルの時は10枠全部クリティカルにしたりして1回目で攻略できました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。