ver.10.5に関する記録。(オトート開発隊20→30③。長押し生産妨害改悪)

今回は待機してましたので、稀にみる早さでアプデ可能になったことを感知しました。
あまりの早さに、いつも記事のサムネイル用に撮影しているApp Storeのバージョン履歴表示がver.10.5に差し替えられるのを再び待たなければならなかったほどです。

スポンサーリンク

■一部のにゃんこ城の開発Lv.をLv.30まで解放

ver.10.1の鉄壁砲・エンジェル砲以来になります。
今回はキャノンブレイク砲と呪い砲。

前回と同じく、「アンモナイト」の無闇な要求はないようで何より。
とにかくアンモナイト不足で、鉄壁砲とエンジェル砲は30まで上げ切っているのに最初の3砲を上げ切れていないのが現状です。

これで全ての特殊にゃんこ砲は上限がLv.30になりました。
編成画面では特殊にゃんこ砲Lv.が上限だと「Lv.MAX」で表示される=上限20と30が混在しているとややこしいという問題点がありましたが、これで解決ですね。

あとはにゃんこ城体力の上限がLv.20のままなので、こちらも是非上限30に…
スニャの威力が上がるとかで見送っているのかもしれませんが。

目次にもどる

■戦闘中のキャラクター情報表示機能を追加

「戦闘中にキャラクターアイコンを長押しすることでキャラクター情報を表示する機能」が追加されました。
機能自体はその言葉のとおりです。

普通なら「編成しているキャラの性能くらい、戦闘前に把握しておこうよ…」という話になるかと思います。

ただし、「戦闘を始めるまで何を編成しているかわからない」クソイベントがありますね。そう、レジェンドクエスト。
不意に何なのかわからない昔のコラボキャラが編成入りさせられるので、そういうキャラの情報を把握する手段にはなりますね。
初回以来レジェクエは放置しているので知ったこっちゃないのですが、もしかしてそういう類のイベントが増えたりとか…しないですよね?

あとこの機能は「長押し」がトリガーになるわけですが、自分は誤タップをごまかそうとして少し長押し状態になることがあります。
そのたびにキャラ情報が表示されてしまうことになるのかな…と思わなくもないです。戦闘時のスロット表示方法みたく、オプションからオンオフさせて欲しいですね。


非常に酷い機能であることが明らかになりましたね。
何よりマズイのは「キャラ情報表示の判定」が優先されて「生産のためのタップの判定」がキャンセルされること。

にゃんこ大戦争のキャラ生産は「画面に指が触れた瞬間」ではなく「画面から指を離した瞬間」であるため、より正確なタイミングでの生産を狙って長押し状態になる方はたくさんいると思います。
そういったプレイングを不可能にする機能ということなので、改悪と言わざるを得ない印象です。

目次にもどる

■レアガチャキャラクター第3形態の追加

ダークヒーローズより、サキが第3形態を獲得。
また、恒常レアのネコ師範代(武闘家)も進化可能になりました。

バッドブラスター・サキ

(アプデ時にちゃんとマタタビが揃っているという珍事)

対応属性が「エイリアンと古代種」に変化。
加えて「味方の効果を封じる古代の呪いを無効化」となっています。

何やら長ったらしい説明ですが、要するに「古代の呪い無効」特性を得たってことですね。
「攻撃ターゲット限定」特性は古代の呪いで封じられる=全く攻撃できなくなるという恐ろしい弱点があったので、古代種をターゲットにするなら当然もっていて欲しい能力です。

ネコマスター

(こっちはいつも通りマタタビ不足)

体力アップと遅くする無効特性の追加。
ラーメン道と違って攻撃力アップにはなっていませんが、第2形態の時点で攻撃性能はアーティストより大幅に高く、ラーメン道にやや劣るくらい。
おそらく体力も、ラーメン道にやや劣るくらいまでの上昇でしょう。

追加の遅くする無効は、ケロ助との混合ステージという線もありますが、完全に対デブウ想定でしょう。
ちょうどサブでデブウを倒したい時分だったので、とてもありがたいです。
これで対デブウ降臨のポイントは、取り巻きの天使に対する立ち回りに絞られますね。

目次にもどる

■「本能」解放キャラクターの追加

2キャラに本能が追加。

ホワイトラビット
・特性「ワープ無効」追加
・特性「古代の呪い無効」追加
・生産コスト割引
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

スターエイリアンや古代種といった最新の敵に対応してくれるのは非常にありがたいことです。
地味に高いので、コスト割引もGOOD。

ボンバーズ
・特性「攻撃力アップ」追加
・特性「毒撃ダメージ無効」追加
・特性「動きを止める耐性」追加
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

攻撃アップと毒撃無効は使い勝手が良くてGOOD。
KB数が多いので攻撃アップとのかみ合わせが良さそうですし、毒撃無効で対ホネツバメの生き残り性能アップ。

ねこファイター
・特性「動きを遅くする無効」追加
・特性「古代の呪い耐性」追加
・特性「攻撃力ダウン無効」追加
・特性「毒撃ダメージ耐性」追加
・基本体力アップ

遅くする無効により、パイパイかむくらのような教授キラー感が出てきました。
古犬ラッシュという山場は残りますが、ネコスライム(ネコゼリー)が手に入る『古王妃飛来』への適正度にも期待です。

目次にもどる

■レジェンドステージ解放

真レジェンド『DNA果樹園』が追加。
うーん、なんだろう、複数属性持ちが多めとか?


ゲノムバナナ狩り

ネコ学生 オドラマンサー ボーン Mr. 覚宮木
サテライト30+43 ラーメン30+68 エクスプレス50 ニャメフト40 覚ムート40
にゃんこ砲 ブレイク砲20
コンボ 先生になりたいでにゃ~る(にゃんこ砲チャージ速度アップ【小】)、バイオハザード(研究力アップ【小】)、ほねほねボーン(同左)

波動前提で編成。
壁役は大夢くんの波動に負けず戦線到達してくれそうな2体を、アタッカーはスレイプニルの射程も考慮しつつなるべくコスパの良い波動無効アタッカーを。

エクスプレスは序盤にプドール婦人からお金を貰うのがお仕事。

偽いちごハウス

オドラマンサー ボーン Mr. にょらい30+29 ジャラミ20+90
サテライト30+43 漂流記30+19
にゃんこ砲 エンジェル砲30
コンボ バイオハザード(研究力アップ【小】)、ほねほねボーン(同左)

ちび星渦ホント嫌い。

1ステージ目に続きサテライトが活躍。しかし30+43でも耐久不足。戦線維持のため、妨害キャラ3種を起用(停止、鈍化、攻撃力低下、ふっとばす全て完備)

あとはとにかくお金がないのでボス戦前はできるだけ貯金の時間を稼ぐことと、エンジェル砲をどのちび不死渦に撃つかはその都度見極めること。

無農薬で造った染色体

オドラマンサー ボーン Mr. マキシマム30+60
コンボ バイオハザード(研究力アップ【小】)、ほねほねボーン(同左)

初見だったので他にも前ステージからのキャラを入れていたのですが、全く使わなかったので省略。
マキシマムだけでも凄まじく溜まっていたので、必要レベルはもっと低いと思います。

食べごろナノぶどう

ラーメン30+68 師範代30+18

クマンケンの数が異常ですが他は大したことないので、ボス戦開始後はそのまま敵城に張り付き、自城がやられるより先に敵城を落とします。

しかし完全単騎だとこのレベルでも厳しいので、攻城役・クマンケンの足止め役いずれも+αが欲しいところ。
編成例は、足止め役の+αとして師範代マタタビ不足)を起用。

クローン農夫

大狂ゴム40 ごろにゃーん40 クリスタル50 カメカー50 タコつぼ30+25
ジャイにゃん40 エクスプレス50 バケーション50 番長30+19 ダンサー50
本能 ダンサー(全部)
にゃんこ砲 ブレイク砲25

・波動無効かつ止める無効のアタッカー
・止める無効のアタッカーと波動打ち消しのセット
を複数用意できないなら諦めましょう。

遺伝子情報直売所

大狂モヒカン40 大狂ゴム40 大狂ムキ足50 デリバリー30+23 覚ムート40
本能 デリバリー(「波動攻撃」Lv.10)

新敵「怒りのブラッゴリ」を制圧するため、対黒で小回りの利くアタッカー。
ホネツバメも出現するため、波動があると戦いやすい。

目次にもどる

■その他

UR報酬追加

いきなり5,000もすっとばして2万に到達。なぜに。
しかも先月に続いてプラチケ。なぜに。

とりあえず、自分のURはまだギリギリ2万に達しておらず(19,928)、プラチケを貰えません。
URが届かなかったのって初めてじゃないかな…

にゃんコンボ追加
何やら最近は、ちょっと古参な既存キャラを含むにゃんコンボの追加がトレンドのようですね。

1種目の「さおだけ屋台」は、コンボ内容とコンボ要員がかみ合っておりGOOD。コンボ要因が対天使キャラで統一されているのも良いですね。
ただし、片方が季節限定キャラであるため、自分が攻略で使うことはないでしょう。

2種目の「ワーケーション」も、コンボ内容とコンボ要員のかみ合わせが良き。対象属性は2体でバラけていますが、

目次にもどる

■余談(真レジェに対する愚痴)

今回の真レジェンドは前半もなかなかアレでしたが、特に後半が際立ちましたね。

4ステージ目「食べごろナノぶどう」は別にいいです。
まともに戦うと勝負にならないから敵城落としに注力せざるを得ないステージなんて大量生産されてますので。

6ステージ目「遺伝子直売所」もまだマシ。
露骨なボンバーメタにはため息が出ますしステージ構成的に暗黒嬢の本能解放を要求しているようにも見えますが、大量NPを要する暗黒嬢の本能解放まではせずとも激レア以下でのクリアは現実的。

5ステージ目「クローン農夫」は酷いです。これまでの対ヒカル戦とは次元が違うステージ構成で、明確に適正キャラを求めてきます。

ここでいう適正キャラとは、「動きを止める無効」特性をもつ中長射程範囲アタッカー。
(波動無効もあればなお良しですが、そこまで求めるのは贅沢でしょう。波動はタコつぼ・ジャイにゃん等でケアできるので。)

この適正キャラが、超激レアでもそこそこ絞られる上に激レア以下だと本当にいない。
素で条件を満たす常設キャラは番長のみ。(コラボ含めばエヴァ、ビックリマンで該当あり)

攻略記事は執筆しないにせよ超激レア・非常設キャラに頼ったクリアが嫌な身としては、激レア以下で適正キャラを調達しなければなりなせん。
ちょうどそこに、波動無効かつ止める無効というおあつらえ向きの本能を持つダンサーがいらっしゃるわけです。というか本能ダンサーの販促ステージですよねこれ。
しかも、ただ該当特性以外に所持本能全てを解放しなければ、戦力として全然足りてないという仕組み。565NP持っていかれました。らんまコラボガチャでにゃんチケを全部使った分+本能玉全売却でギリギリでした。もうNPの在庫はないに等しいです。

本能の負担がいよいよ重くなってきました。「適正超激レアが当たるか、NPが十分貯まるまでガチャを回しましょうね!」という強いメッセージ性を感じます。
自分のように長期間遊び続けているユーザーは例外として、「最新ステージは無課金ライトユーザーお断り」という方針がはっきり見えた気がしました。

目次にもどる

■「終末ノ連戦場」

新たな育成系ステージが登場。

土日に1日1回ずつ挑戦でき、3段階の難易度に分かれています。
1~4・EXで合計5回の連戦ステージ、2~EXはステージ構成が「明」と「暗」の2パターン。
1回の挑戦で9パターンのステージに対応する必要があるので、当面は汎用性を重視した編成で挑みたいところ。

肝心の報酬ですが、ドロップ報酬が美味しいタイプ。
最初と2つ目の連戦ステージは大量の経験値がドロップ。
3つ目の連戦ステージはキャッツアイが落ちるという噂。(最初の土日はクリア制限的に2つ目までしか挑めないため、確認できず)

個人的には現状は経験値不足が顕著なので、当分は2つ目を利用することが多いだろうと思います。
3つ目が本当にキャッツアイなら、経験値に余裕を持ち次第切り替えていきたいところ。

目次にもどる

ver.10.5に関する記録。(オトート開発隊20→30③。長押し生産妨害改悪)」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    一応、本能玉もNPには変えられますけど、NP不足は否めないのは同感です。

    メインデータはガチャキャラ等何でも有りでやってますが、NP不足ですし、いつか新ステージで必要になるかもと温存してます。歯がゆい。。。

    逆にサブは、ガチャキャラを取得しない、と言う自分勝手な縛りなので、ガチャを回して取得せずに全てNPに変えてるので、EXキャラはそこそこ本能解放できてます。まだ真レジェも1つ目しかクリアしておらず、旧レジェ☆2以降や降臨も未攻略が多いので、今回のステージはまだまだ先ですが。当面は簡単なステージで暗黒嬢の無双を楽しんでます。

    NP調達手段は増やして欲しいですね。

    返信
    1. てげてげ 投稿作成者

      自分もサブデータはガチャキャラに付与する+値を制限する予定ので、NPは多少確保できる見込みです。
      本能を+αではなく必須級の育成要素にするのなら、調達手段もそれに見合ったものにしていただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。