ver.10.9に関する記録(「魔界編」追加)

アプデ

一言でいうと、「説明はないけどなんか色々とステージが追加された」です。
あ、説明がないのは別に今に始まった話じゃなかったですね()

スポンサーリンク

「魔界編」追加

日本編、未来編、宇宙編に続く新たなメインストーリーの追加です。


「神官マモーンの野望」というサブタイトルが付されています。
初めての試みですね。メイン「ストーリー」って感じがします。

問題なのは解放条件。
日本編第3章に加え、特定のゲリラステージをクリアする必要があるようです。


おそらく、前回アプデで追加されていた謎のこれが関係しそうです。

・お知らせ画面にもイベントカレンダーにも全く説明なし
・強襲形式

というクソ仕様でめんどかったので放置してました。
各ミッションは2マップのクリアが条件となっていますが、

ゲリラ・強襲形式のクソマップをクリア
→追加で解放されるゲリラマップをクリア

で1セットとなっている模様。

今回のアプデ確認でにゃんこを起動したら偶然遭遇し、悪魔調査1を完了することができました。
しかし、悪魔調査2は数回見かけていくつかステージ消化できているはずですが、悪魔調査3は本当に見たことがない…

なんか他にも説明なしで追加されているゲリラ(不定期開催)系ステージがあるっぽいので、どれが「特定のステージ」なのか正直さっぱりです。
魔界編を攻略…というか解放するまでに相当の期間を要しそう。
これでまた魔界編が48ステージお宝収集とかだったらめんどくささが振り切ってますね。


悪魔調査1・2・3とそれぞれに対応した解放ステージ+追加の解放ステージの7マップ(19ステージ。うち12ステージはクリア回数制限形式)をクリアすることで、悪魔編が解放されます。

日本編の上に「魔界の扉」アイコンが出現し、魔界編に挑むことができます。
※タイトル画面上でも日本編の上に魔界編アイコンがあります。

仕様について、まずお宝はないようです。わーい。
古代種・悪魔対応お宝がないことを残念がる人も一定数いるかもしれませんが…

ステージは基本的に日本編と同じ。
ゾンビ襲来のように、挑める(出現する)順番はランダムです。

そして魔界編攻略における重要な要素は、「悪魔城」の存在によりレベルがリセットされること。
たとえLv.50+80だったとしてもLv.1から攻略がスタートします。1ステージクリアするごとにレベル上限が1つずつ解放されていくようです。
ただし、プラス値は解放されず+0のまま固定です。
新規・古参、無課金・課金の差がなく公平と言えますが、後者の人は戦力のアドバンテージを没収されて不満に感じそう。

また、
①本能・本能玉による強化はリセットされない
②魔界編のみならず、なぜかレジェンドストーリーにも悪魔城が存在する
という点も個人的に引っ掛かります。

①はもちろん、自分は本能アンチなので。本能強化は維持しつつ+値強化は否定する本能偏重システムを歓迎するはずがありません。
②も正直意味が分かりません。特に魔界編プロローグを読むと、悪魔城は魔界内の防衛装置的なものだと思うのですが(↓)。初の実装から時が経っての矛盾ならまだしも、実装初月にこれはなんなんですかね。

「魔界編」ドロップキャラについて

自分は当然到達していませんが、魔界編をクリアすることでEXキャラを獲得することができます。
名前は「ジャガンドーJr(破壊神ジャガンドーJr)」。対白中射程アタッカーです。

・対白めっぽう強い
・対白ふっとばす
・烈波
・古代の呪い、烈波無効

と色々と有用な特性をもっています。ステータスもそこそこ。
注意したいのは以下2点。

①3連続攻撃
間隔長めの3連続攻撃です。3撃目が遅いため攻撃後の待機時間が短い(すぐ次の攻撃に入る)点はメリット。
ただし、ふっとばしや烈波が発生するのは3撃目のみなので、じれったく感じるはず。

②KB2回
せっかくEXキャラにしては高めの体力でめっぽう強い特性もありますが、KB回数の少なさにより生き残り性能は微妙。
ジャガンドーを手に入れられるレベルの進行具合であれば、「EXにしては高め」程度の体力はあまり強みにならなそう。

レアガチャキャラクター第3形態の追加

激レアキャラ「泉のネコ女神」が第3形態を獲得。
激レアキャラ全てが第3形態実装となりました。

どうやら対悪魔特性を持つようで、「悪マタタビ」という新マタタビも登場。
悪マタタビはどこで手に入るんでしょうね。というかマタタビを増やすなら貯蔵庫容量も増やしてくれませんかね。

ちなみにメダリスト第3形態「ネコ魔神」の性能ですが、いまいち嚙み合わないですね。

・シールドブレイクを持たない=特性が意味をなさない(前回のエキゾチックと同じ)
・ネコ魔神は遠方攻撃=シールド破壊する頃には潜り込まれている可能性が高い

まあ現状の悪魔属性キャラはシールド所持率が半々なので、あまりシールドのことでとやかく言わない方がいいのかもしれません。

「本能」解放キャラクターの追加

超激レア2キャラ、EX4キャラに本能が追加。
EXはちびシリーズですが、基本体力・攻撃力の上昇幅がネコカンEXと同じ80%アップなのかすごく気になります。

召し豚のカイ
・特性「シールドブレイカー」追加
・特性「波動ダメージ耐性」追加
・特性「攻撃力ダウン耐性」追加
・特性「動きを遅くする耐性」追加
・基本攻撃力アップ

謎本能です。何をしてほしいのかよくわかりません。
シールドブレイカーはまだ貴重ですが、なぜカイに持たせたのだろう…

竜戦機ライデン
・特性「攻撃無効」追加
・特性「ふっとばし無効」追加
・特性「動きを止める耐性」追加
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

攻撃無効は良さげ。
ユーヴェンスの例を考えれば、めっぽうつよい特性との相乗効果は大きそう。

ちびバトルネコ
・属性「悪魔」追加
・特性「動きを止める」追加
・特性「烈波ダメージ耐性」追加
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

あまり使い道のないキャラでしたが、これは良さげ。
天使にも悪魔にも強いネコってなんなんでしょうね。

ちびキモネコ
・特性「シールドブレイカー」追加
・特性「ふっとばす」強化
・特性「古代の呪い耐性」追加
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

バリアにもシールドにも対応できるのは便利ですね。
とりあえずシールドブレイカーの確率は、最低限バリアと同じであってほしい。

ちびネコフィッシュ
・属性「悪魔」追加
・特性「波動攻撃」追加
・特性「古代の呪い耐性」追加
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

全部良さげ。せっかく対悪魔を得たちび勇者の株を颯爽を奪っていきました。
波動の確率はいくつくらいなのか…さすがに50%とかはなさそう。

ちび巨神ネコ
・特性「シールドブレイカー」追加
・特性「攻撃力ダウン無効」追加
・特性「烈波ダメージ耐性」追加
・基本体力アップ
・基本攻撃力アップ

本家ジャラミと色々差別化できそうなラインナップ。
ちびムキ足と違い、シールドブレイクしつつ悪魔をふっとばすことも可能。

レジェンドステージ解放

真レジェンド『大厄災の始まり』が追加。ただ、遊べません。

なんかよく分からないマップ2つをクリアしなければならないようです。
悪魔調査ミッションもそうですが、追加するステージについてもうちょっと説明してくれないものですかね。
何というステージが、いくつあるのかさえ分からないのですが。


なお、『桜んぼ島』『魂底からの帰化』『絶滅海洋タウン』の3マップに☆2が追加されています。
(あえて冠2とかではなく☆2と呼んでいくスタイル)

その他

UR報酬追加

お城素材路線は基本的に嫌いですが、アンモナイト支給だけはありがたく受け取らせていただきます。
プラチケのかけらもしれっと配布されました。

にゃんコンボ追加

ちびキャラ路線が続きますね。
いずれもコンボ要員と噛み合った効果でいい感じです。

新規超激レア3種について

前回アプデに続き、悪魔対応した各シリーズ9体目の超激レアが次々と実装されています。

召喚少年サトル
ダイナマイツに追加。
悪魔を遅くする超長射程遠方範囲攻撃で、シールドブレイカーと烈波無効も併せ持ちます。
奥行射程がかなり長いので、ダメージ効率に期待したいところ。

ただし、シールドブレイカー持ちの聞こえはいいですが、攻撃範囲の広さゆえか確率が低く設定されているのが残念。
また、移動速度が割と早いため、せっかくの超長射程アドを潰して自爆しやすそうな印象。遠方範囲なので猶更。

邪龍ヘヴィジャーク
エンペラーズに追加。
赤と悪魔に打たれ強く、ふっとばす能力も持ちます。もちろんシールドブレイクも装備。

シールドを盾にされ接近を許しやすいであろう悪魔に対し、打たれ強いやふっとばす特性をもつことは個人的机上論的に高評価。
シールドブレイクが確率なのは惜しいですが、サトルよりはマシ。

オコルガ
ルガ族に追加。
確定でバリアブレイク&シールドブレイクしてくれる頼もしいやつ。

これがルガ族以外であれば強かったのでしょうが、ルガ族の弱点である絶望的な小回りの利かなさ(低体力・1KB・低火力・低頻度・遅生産)が実践でどう影響するか…

熱血硬派くにおくん
「熱血!大運動会」ガチャで手に入るコラボキャラ。
該当ガチャで11連ガチャを回すとオマケとして確定で排出されます。

運動会イベントとなるので毎年10月に復刻されるのかもしれませんが、1年に1度と言わず確実に定期的に復刻すべき超重要キャラ。
昨今では春に運動会をする地域もあるでしょうし、せめて4月と10月で半年に1回は復刻して欲しい。

というのも、1枠で「働きネコレベルアップ【中】」を発動できるんですよね。
既存の「ネーーーコボンボン」「ロングネック」と組み合わせれば、働きネコレベル6(所持金最大13,500円)から戦闘を始めることが可能。
さらに第1形態は中短射程アタッカー、第2形態は超長射程遠方範囲アタッカーとして普通に戦える点も有用。

ネコ道場では第2形態を1列目に採用するのが鉄板になるのではないでしょうか。

新降臨『誘惑のシンフォニー』

なぜか悪魔城が登場するレジェンドストーリーの新降臨ステージ。
魔界編を攻略していないユーザーは門前払いです。というわけで自分も門前払いです。

魔界編にもわんさか登場する理不尽シールド&長射程キャラの上位版がボス。
高火力波動に晒され高ステータスの取り巻きを迎撃しつつ、超長射程敵のシールドを繰り返し割る必要があります。
まずは有限の取り巻き処理に勤しむ長期戦ですね。


ドロップする「ネコハーメルン(虚無僧ネコ)」は、『メガサターン』の悪魔研究家に続くシールドブレイカー。

しかしほぼ全てのシールド持ち悪魔に射程負けします。低体力低速度なので、唯一射程勝ちできているデビルワン以外には意味を成しません。
シールドブレイカーというより、シールド無し悪魔への攻撃力低下妨害役としての扱いになるでしょう。
起用機会があるのかは考えないでおきましょう。

リニューアルのまどマギコラボについて

大々的に「リニューアル」と謳っていますが、何が変わったのか気になったのでまとめ。


常設ステージ
1マップ目は同じ敵構成で、2マップ目が新たに追加。
旧コラボのステージ名は新コラボの1・2マップ目それぞれに分散した形。

固有敵「キュゥべえ」は見た目こそ同じであるものの、2マップ目では波動を放つように。
その分、2マップ目のキュゥべえは基本攻撃力が低下。

ドロップキャラは1マップ目がちびまどか、2マップ目がネコキュゥべえ。
※旧コラボでは、魔女ステージでネコキュゥべえがドロップ。

旧コラボ新コラボ
マップ01『魔法少女まどか☆マギカ』マップ01『魔法少女になってよ』
01僕と契約して…01僕と契約して
02魔法少女になってほしいんだ02魔法少女になってほしいんだ
03君なら運命を変えられる03僕は君たちの願いごとを
04訳が分からないよ04何でもひとつ叶えてあげる
05君は神にでもなるつもりかい?05今すぐ僕と契約を!
マップ02『続・魔法少女になってよ』
01願い事を決めるんだ、早く
02訳が分からないよ
03戦いを甘く考えすぎだよ
04さあ、君は何を願う?
05君は神にでもなるつもりかい?

一覧へ

魔女ステージ①(薔薇園、お菓子、ハコ)
ネコキュゥべえのドロップが常設ステージに移った結果、こちらは経験値ドロップに変化。

難易度表記の変更が反映されているほかステージ数も増加。
旧コラボの1・2ステージ目と新コラボの1・3ステージ目が対応しており、最終ステージは難化。

旧コラボ新コラボ
『魔女の結界』『魔女の結界~薔薇園の魔女~』
01薔薇園の魔女 初級01自己紹介しないとね
02でもその前に
02薔薇園の魔女 超上級03ちょっと一仕事
04片付けちゃっていいかしら
旧レジェ前半(ウルルン)レベル→05ティロ・フィナーレ!
旧コラボ新コラボ
『魔女の結界』『魔女の結界~お菓子の魔女~』
01お菓子の魔女 中級01体が軽い
02こんな幸せな気持ちで
02お菓子の魔女 激ムズ03戦うなんてはじめて
04もう何も恐くない
旧レジェ中盤(コニャ〜ミーニャ)レベル→05私、独りぼっちじゃないもの
旧コラボ新コラボ
『魔女の結界』『魔女の結界~ハコの魔女~』
01ハコの魔女 上級01願い事、見つけたんだもの
02奇跡も魔法もあるんだよ
02ハコの魔女 超激ムズ03うまくやったでしょ?あたし
04後悔なんてあるわけない
旧レジェ終盤レベル→05幸せになって、くれるよね…

一覧へ

魔女ステージ②(ワルプルギスの夜)
コラボ恒例の強襲ステージ()に改編。全10ステージです。

1ステージ目は当初より弱く、かつ確定でちびまどか第3形態化の権利を獲得できます。
この点は親切ですね。

一覧へ

魔女ステージ③(くるみ割りの魔女)
2ステージから5ステージに拡大。とはいえステージ構成は当初と同じ。

旧1ステージ目→新1,2ステージ目
旧2ステージ目→新3-5ステージ目

あとは倍率が上がっていくのみです。

一覧へ

コラボ超激レア
ゲーム内のお知らせ画面等では言及が一切ないため気づきようが無かったのですが、にゃんこTVにて告知。
一部の超激レアに特性が追加されたようです。

「暁美ほむら」に「動きを遅くする無効」、
「美樹さやか」に「ふっとばす無効」、
「佐倉杏子」に「攻撃力ダウン無効」が追加。

それぞれが「ワルプルギスの夜」(動きを遅くする)、「くるみ割りの魔女」(ふっとばす・攻撃力ダウン)が有する妨害の1つを無効にできるということのようです。

この3キャラが特性を得たのは原作準拠(該当魔女との戦闘で活躍した、とか)なのか、単にまどかやマミと比べて影が薄いゆえの救済なのかは分かりません。
原作1回は見てるけど覚えてないんですよね。

後者=まどか・マミに対抗してのテコ入れなら、なぎさ(べべ)もどうにかして欲しかったです…
まどマギコラボキャラはまどか、マミ、なぎさ(べべ)を所持していますが、なぎさは殆ど起用してないので。旧レジェ終盤に対応できる分、強いは強いのでしょうが。

一覧へ

コメント

  1. fgfg より:

    悪魔編少し楽しみ

タイトルとURLをコピーしました