☆4『心と体、繋ぐもの』攻略記録

昨日極ゲリを逃したせいで統率力が有り余っていたのもあり、予定より早く終わりました。

☆1に挑戦した記事→(前2つ3~6後ろ2つ
☆2に挑戦した記事→(前4つ後ろ4つ

なお以下で紹介する編成について、初めから組み直したもの以外は


※ちびゴム30+24、キョンシー30+19、ちびムキ足30+26、ちびキンドラ30+20、ちび島30+20、ちびジャラミ30+10、他30。

この編成をベースとしています。

スポンサーリンク

■目次


 ▶倍率確認
 ▶夕焼けの咆哮
 ▶ゲシュタルト、崩壊
 ▶戦士の黎明
 ▶呪われた永久凍土
 ▶ねこの証
 ▶愚者の絶望
 ▶メタボリック症候群
 ▶愛と死
 ▶余談

■倍率確認

「夕焼けの咆哮」よりバトルコアラッキョさんのご協力

☆1の場合

☆4の場合

ついにこの時が来ました。

☆1と☆4が同倍率です。
すぐ次からということはないですが、☆1より低い倍率の☆4ステージが登場し始めるのはそう遠くないですね。

目次にもどる

■夕焼けの咆哮

編成

レベル:ファイター30+18、他30。
コンボ:恋の季節(めっぽう強い効果アップ【中】)、獅子王(同左【小】)、3匹の王(キャラクター体力アップ【小】)

対赤めっぽう強いを完備し、容赦なく叩きにいきます。
ここまでやる必要があるのかわかりませんが、枠があるので全力を尽くします。
耐久お化けのファイターはいいとして、自城から離れた場合、火祭りは波動で結構痛手を受けます。
それを抑える意味でもにゃんコンボをガン積みして良いかと。

ファイターと火祭りを連打するだけなので戦術は省略。

目次にもどる

■ゲシュタルト、崩壊

編成

レベル:ちびゴム30+24、ちびムキ足30+26、エステ63、他30。

エステの攻撃力はジェンヌ44と同等。
一度マッチョを使いましたが、話になりませんでした。

戦術
①貯金
ハサミーマンが来る前に働きネコレベルを2つか3つは上げられます。

ハサミーマンはキョンシーとちびムキ足で迎撃。
他のエイリアンの到着に合わせて3枚壁に増加(ちびムキ足を出す余裕はないです)。

エイリアンが減りだしたら生産停止。味方を減らす。
その後キョンシーで時間稼ぎ。

②対エイリアン
まだなんとかなります。控えめな移動速度や攻撃頻度により突破力が低いおかげ。

全力生産だけど覚醒ムートは温存。ハサミーマンと射程差が1しかない関係で死にやすいので…
対黒に備えてある程度ボンバーを出しておくのもあり。

③対黒
引き続き全力生産を継続。
ハサミーマンが消えたらすぐに覚醒ムートでもいいですが、まだ温存しておいた方がよさそう。

対黒戦のなかでも大量のシャドウボクサーを相手することになるのは後半です。

ちなみに自分の場合ですが、

対黒戦始まってすぐ覚醒ムート
→敵城に迫り出撃制限かかる
→シャドウボクサーラッシュ開始、押される
→なんとか覚醒ムートの再生産が間に合い、押し返す

という感じでした。
出撃制限にかからないようしっかり管理するか、押された時に覚醒ムートを生産できるようにしておきたいところです。

目次にもどる

■戦士の黎明

最初に示したベース編成で勝てます。長期化しますが…

魔強化されているとはいえ、所詮は初期のステージ。
出撃制限が鬱陶しいので大型キャラで固めて攻撃役の数を減らす試みもしてみましたが、結局長期化しました。

まあ勝つこと自体は大して難しくないし、いいかな…

目次にもどる

■呪われた永久凍土

編成

レベル:ファイター30+18、他30。
コンボ:アイラブジャパン(キャラクター攻撃力アップ【中】)、和定食(初期所持金アップ【中】)

自分はファイター連打、お金できたときに覚醒ムートというだけ。

ただ

このステージの制限時間(ヨキカナラッシュ開始)2分40秒に対し、あまりにギリギリすぎる。

もう少し出すキャラを工夫した方が良さそう。

覚醒ムート
→制限時間が2分40秒なので2回出すことが可能。なるべく早めに1回出しておきたい。

対ヨキカナ
→射程勝ちするのはなかなか難しいので、体力勝負。覚醒ムートは1回耐えてくれるので、十分削ってくれる気もする。

対ナマルケモルル
→攻撃力3万2000に対し体力勝負はなかなかキツイ。射程勝ちできる囚人を上記編成に加え、ダメージ源にすると良さそう。
なお、マキシマムがナマルケモルルの攻撃を耐えるのはLv.38から。せめてこのくらいは欲しいところ。

目次にもどる

■ねこの証

編成

レベル:クール30+19、ちびゴム30+24、キョンシー30+19、他30。
コンボ:百鬼夜行(働きネコ初期レベルアップ【中】)、ライバル宣言(同左【小】)

攻撃力低下無効のダンサーと剛拳にゃんこGがカギ。

よっちゃんの攻撃低下を受け、ゴマサーマンに対しても安定して攻撃できない覚醒ムートは今回活躍の機会が少ない。
サイバーXをどうにかするために欲しいところですが、覚醒ムート無しでもサイバーXをどうにかできるなら、遠方攻撃の囚人とか超長射程のコニャとか(波動攻撃の仙人とか)を入れたいところ。

戦術
①よっちゃん1体目を撃破後、待機
よっちゃんは剛拳Gの攻撃2発で倒せます(ダンサーの場合Lv.34以上)。
アルパッカの衝撃波に合わせて剛拳Gを出し、さくっとよっちゃん1体目を倒し資金源に。
その後はちびゴム連打でしばらく待機。

②ゴマサーマン迎撃
アルパッカとよっちゃんの射程から外れているのを確認してから迎撃。
ミーニャダンサー剛拳Gを1体ずつ、壁はちびゴムとキョンシーの2枚連打。
ゴマサーマンを倒したらまたしばらく待機。

③サイバーX迎撃
ここが一番きつい。
②同様射程外にあることを確認してから、全力迎撃。
ミーニャダンサー剛拳Gや壁に加え、クールと覚醒ムートとかも。

④長期戦
サイバーXを倒せばひと段落。
とはいえ無限湧きのよっちゃんが溜まるとかなりキツイので、効果的に味方キャラを生産していきたい。

取り巻き(ゴマサーマン)がいるとき
→ミーニャで遠方攻撃。押されるようだったらダンサーとか剛拳Gも
※覚醒ムートを囚人や仙人にしている場合、ここで活用したい

取り巻きがいないとき
→ダンサーと剛拳Gで肉薄。にゃんこ砲を利用するなどして覚醒ムート・聖ヴァルも突撃させたい

目次にもどる

■愚者の絶望

編成

レベル:ちびゴム30+24、キョンシー30+19、他30。
コンボ:百鬼夜行(働きネコ初期レベルアップ【中】)、ライバル宣言(同左【小】)

結構適当。
大量の壁や紳士同盟で足止めしつつ、覚醒ムートだったり聖ヴァルだったりその他だったりを突撃させるだけ。

目次にもどる

■メタボリック症候群

編成
レベル:ちびゴム30+24、キョンシー30+19、カメラマン30+19、他30。
コンボ:アイドル志望(キャラクター攻撃力アップ【小】)、バイオハザード(研究力アップ【小】)、ほねほねボーン(同左)

研究力アップコンボでカメラマンを連打するのみ。
パラサイトブンブンの波動で一掃される前提で、小回りの利くキャラの方が良い。
一撃目で波動がでたときキレそうだった…

最後の枠はなんとなく宮木にしていましたが、この編成だとカヲルさんに攻撃できるキャラが少なすぎる(覚醒ムートと宮木のみ)。
いて座とかちびキンドラに替えることをオススメします。

戦術
①貯金
カメラマン1体を出せばあとはずっと貯金できます。
カメラマンを出すのが早すぎると、その1体だけで攻め上がってしまうので注意。エイリワンが自城目前に来てから1体、これで十分。

②攻め上がり、パラブン討伐
ちびゴム・カメラマンを連打。
押されることを考えて、自城に引きつけて戦うよりある程度前進した状態から戦闘を始める方が良い。
先頭がステージ中央に到達するくらいでHyper Mr.を出して敵を呼び出してもらえば、出撃制限にかかる心配も無し。

③対カヲルさん
歌謡とちびゴムで十分足止め可能。
カメラマンは全く役に立たないので、前述のように宮木を別のキャラに替えておきたい。

目次にもどる

■愛と死

編成

レベル:ファイター30+18、他30。
コンボ:恋の季節(めっぽう強い効果アップ【中】)、獅子王(同左【小】)、3匹の王(キャラクター体力アップ【小】)

「夕焼けの咆哮」とほぼ変わらず。なんとなくクリーナーを入れましたが、別に要りません。
とりあえずマキシマムと火祭りを連打すればOK。

1,2体目のイノシャシはまあいいとして3-5体目が結構きついので、覚醒ムートをぶつけるなら後者。
長期化すると大量発生するはぐれたヤツが非常に鬱陶しいので、対策としてネコにぎりやちびライオンを入れておくといいかも。

目次にもどる

■余談

「ねこの証」がキツかった
今回の8ステージ中では「ねこの証」で一番悩んだ気がします。
狂美脚(大狂ムキ足)がいないとよっちゃん迎撃が大変で…

仙人を使っても良かったけど躊躇いが抜けないし、そもそも枠的に厳しかったりもする。
今後、よっちゃんステージは壁になりそうです…

今後の☆4
今回ついに☆1と同倍率となりましたが、☆1と同じということは、☆4実装前にも☆1で十分予習できるってことですよね。
☆1よりさらに低い倍率になる可能性もありますが、それはそれでより簡単になるということなので問題ない。

今回より後ろのステージは、☆1ステージを利用して先に済ませてしまおうかな。
まあ急ぐことでもないので、統率力が余って暇だったらですけど。

目次にもどる
【最終更新】20180127
リンク修正。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。